FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年目にして初めての南アルプス「甲斐駒ヶ岳」

夏真っ盛り!夏山シーズンですね!梅雨が終わってからはゲリラ豪雨以外はずっと昼間はかんかん照りの30度オーバー
そりゃ身体もおかしくなってしまいそうですね。
そんな中山の温度は涼しくひんやりーいやー山に帰りたい・・・!2500m以上のね^^

ブログTOP



と言うわけで、去年一昨年と計画するも台風に妨害され一度も足を運ぶことのできなかった山域
南アルプス!の行って参りました!
とはいっても当初の予定は空木岳だったのですがね・・・あちらは台風のかすが渦巻いていてそれを木曽駒でガードしている感じで・・・
とても近寄れる場所ではなさそうでした、ロープウェイも止まってるし。
ままま、このお話はおいといて、南アルプスは山深い山域。華々しい北アルプスと違った深い味のある山々のイメージ・・・
北アルプスがスーパー丹沢なら南アルプスはスーパー奥多摩ですかね(

今回も焼岳や立山を御一緒したどーぱみんてぃあさん・常念や谷川を御一緒したまさしろさんと
山行に行きました!

行き先は空木岳に決定しました!(出オチ
台風が日本海に渦巻き熱帯低気圧に・・・しかし中国側にある高気圧で逃げ場のない熱帯低気圧は富山の上辺りをぐるぐる

DSCN3865.jpg
とりあえず当日、東京は快晴、まぁまぁいつもの事ですね。
もう例のあれになりつつある、日野バス停・・・ありがとう日野バス停。
3連休初日と言うこともありバスは中々こない・・・!

30分ほど遅れての到着・・・混んでるよね・・・しかし雨雲の渦巻く中部に何を・・・


まったりバスで移動・・・もちろん渋滞にはそこそこ巻き込まれるも駒ヶ根ICに到着・・・!
外は強風+ぱらぱら雨、走って入り口まで行きます・・・!遠い!

もうお待たせしてるお二方が女体入り口まで迎えに来て頂いてるので雨を回避しつつすぐに来て頂いて感謝で乗り込みます。

もちろん空木はだめですね・・・ということなので南アルプス方面へ移動中

途中から山道へ、お昼難民になりながらも途中で零磁場の水で作ったホルモン焼きの店へ!
ここしかなかった、味はおいしかった、前の週はお腹の風邪で絶賛グロッキーだったのでお肉は久しぶり・・・おいしい!

作戦会議しつつも選択肢は限られつつ・・・甲斐駒ヶ岳に!戸台口へ移動します。
伊那側からのアクセス・・・関東からは遠いです!

DSCN3868.jpg
仙流荘に到着・・・!ものすごく広い駐車場、まさかこれが全部うまるちゃんだとは思わなかった・・・
今回はツェルトしか持ってきてないです・・・と言うとどーぱみんてぃあさんのテントは二人余裕ですので是非と行ってくださったのでテント泊に・・・!

DSCN3867.jpg
トイレもあるしきれいな駐車場・・・ここからはマイカー規制でバスでなければいけません!


DSCN3871.jpg
北沢峠までバス!バスは3台くらい出ました・・・1時間くらいのバス旅!
ぐいぐい上げて行きます・・・

・・・

DSCN3877.jpg
北沢峠に到着!涼しい!涼しい!やはり、高度が違う!


DSCN3874.jpg
それにしても原生林のようなきれいな道!これが南アルプスか・・・!
おいちい空気を吸いながら本日の宿営地に向かいます!


DSCN3883.jpg
徒歩5分くらい、近い!!北沢峠のテント場、100張可能らしいです、しかしすでにそこそこテントが・・・

受付はテント場入ってすぐのテントで済ませます、一人800円だったかな・・・(忘れた

手前と奥手に場所があり、手前はもういい感じに埋まってたので奥手に行きます
それでもそこそこ埋まってるので手ごろな所を見つけていざテント張開始!今回は入れてもらえる、どーぱさんのテント設営をお手伝い。


DSCN3880.jpg
マウンテンハードギアの大きいテント・・・!!重くはなるけど大きいテントは広々使えてよさそう

まさしろさんはフライのテント、軽くてこちらも手軽さなら・・・しかし自分なら重さを選んじゃいそう、快適さを求めてしまいますね・・・
こう、他の人のテント設営、知らない人のはまじまじ見れないのでいろいろ勉強になる、独学だと癖ついちゃって実はこっちのがいいってのが覚えられなくなってしまいそうです。

と言うわけでこれにて設営終了、でかい!

DSCN3885.jpg
本日は曇り、とりあえず、昼真っからやることもなくテントの周りでだべりが始まります(
持ってきたお酒、避難小屋で開けるはずだったお酒・・・(
おつまみも持ってきてテントはいろいろ捗りますね、人と一緒だといろいろ持って着たくなってしまいます。

ビール、日本酒、おつまみを食べながら山に思いをはせる、これこそテント泊・・・!
テントの夜は早い・・・7時には就寝、次の日も早いのでささっと寝ます、テントで二人は始めてですが、逆向きになりつつ寝る・・・
意外と快適だし寒くないし。

夜は空を見上げると、星空・・・明日も期待していいんですねー!!

・・・

DSCN3893.jpg
と言うわけで・・・朝!雲は少しあれど晴、朝ごはんの準備を始めます、周りはもう出発してる所はあります、早い・・・!
朝ごはんの準備・・・朝はパスタかご飯のドライフードとパンをひとつ・・・そして大事なのはスープ!!
体が熱いことなんてほぼない上に朝方の外なんて寒いに決まってますので、スープで体を目覚めさせます・・・!
おはようございますをして準備、ベースとして仕える北沢峠はテントをそのまま出発します・・・(いらないもの置けるって素晴らしい

今回は北沢峠の双峰、千丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳の甲斐駒のほうに向かいます・・・ルートは双子山の方から賽の河原方面への周回。

DSCN3879.jpg
なので一度北沢峠に戻りつつ、先にある登山道から出発・・・だれもいない。テントあんなにあったのにいったい

DSCN3898.jpg
だれもいない深い森へと入っていきます!きた時と同じきれいな森はこれこそ南アって感じがしていいですね!

よい・・・じつによい!

DSCN3900.jpg
しかしここから森林限界まではかなり長い、2500こえてるのにこんなに草木ぼーぼーとは雪すくないのねーと
双子山の上まできてやっと開ける・・・!はるか山梨!近くに街見えないよ!深い山の中なんですねー

DSCN3904.jpg
そして雲に隠れる甲斐駒ケ岳、あれは笠雲・・・うーんきれい(そうじゃない

DSCN3912.jpg
この時点では南アルプス初めての私としてはどれがどの山なのかサッパリでしたが歩きながらみるその展望で場所のピースが当てはまりなんとなく地図が完成!ここからは下らせるのでそんなことを考えてないとめんどくさ・・・

DSCN3910.jpg
駒津峰まではこの登りを越えれば・・・!その駒津峰が仙水峠との合流になります。展望も開けてるので楽しい楽しい
こうやはりパーティ登山も楽しいですね、山を語らい登る・しかし下りは無言になる・・・なんでですかね

DSCN3918.jpg
駒津峰!!!そこから広がる甲斐駒の勇姿!花崗岩でできてる・・・!かまでは見えないですが荒々しい岩の山・・・すばら!!
休憩地点にもなる場所で人がいっぱい・・・!かなり展望もでて来ました。

DSCN3914.jpg
ここからは尾根を歩き本体に取り付きます、狭い尾根なのでかわすのがめんどくさい・・・という
結構急な場所でも鎖がなかったりでするので慎重に・・・!


DSCN3921.jpg
尾根を伝って、登りの直下まで、休憩してる人もおおいですが、ここからのルートは2択!!
急な岩をよじ登る岩ルートかトラバースしての巻き道ルート、前者はそこそこほんとーに急に見えます。

今回は安定のトラバースルートで、下っ登ります・・・!

DSCN3926.jpg
花崗岩の山は燕岳を思い出しますね、一気に山容が変わって草木がまったく無くなるのでどうしたって感じがします。
歩くと少し後ずさってしまう道ですが、尾根最終から大体30分かからないくらいで頂上です、しかし結構急な道でしたね・・・ほんと!

DSCN3928.jpg
混雑しつつも登頂しました!甲斐駒ケ岳!初めての南アルプスのピーク!街が遠い!


DSCN3929.jpg
山頂は人がおおい!雲が迫りつつも鋸岳がくっきり!キケン路らしいので少し気になりますがたしかに危険そうなでこぼこ!
山頂やっほいしてるとしとしと雨が降り始めました・・・山の天気はころころかわります!

DSCN3930.jpg
下山開始!!帰りは思ったより渋滞、てかてかえっとえっと・・・なんでこんな微妙な時間に登ってくるのか・・
日々思うことですが、早出早帰りが基本スタイルになる登山で遅く出るとは・・・

DSCN3931.jpg
尾根までは渋滞です、まだまだ小雨の中ピークを目指して登ってきます・・・

DSCN3933.jpg
駒津峰まで戻ってきました、ここから雨は本降り鳳凰三山や甲斐駒の朝は笠雲かかってたし迷信じゃないんですね!
さすがに雨具がないと相当つらいレベルの雨です、水仙峠側に下ります。

下りは長い長い下り、滑るのでスピードも出ずもくもくと下ります。

DSCN3935.jpg
特に覚えてないです!ホシガラス君がきれいに取れました!

DSCN3936.jpg
いわごろごろの賽の河原・・・おにゅーの靴は下りに弱いんですよね・いたい
アサヨ峰までつながる道ですが、南アはほんと謎エリアなのでよくわかりません

DSCN3938.jpg
ごろごろゾーンを越えると、きれいな森、こればかりは雨が似合う静かな森・・・流れる沢が美しい!
下ると仙水小屋、かなり小さいですが泊まれるようですが、休憩とかはできないみたいです。

DSCN3939.jpg
南アの森・・・ほんとに美しい!池になってる所の落ち葉が沈んでる落ち葉と色が違っていや・・・伝わらない美しさ!やばいやばい
この池を越えるともうゴールですね。

DSCN3940.jpg
お疲れ様でしたの北沢峠テント場・・・真横にでるんだ、こっちから登るよねー
コーラで乾杯しつつ撤収作業をします、かなり埋まってます、昨日より絶対多いです!

撤収後の場所を使いたいと言った女子3人組の話によれば、乗りたい時刻には載れず5台もでたそうで・・・芦安も仙流荘もバスが・・・ガタガタ
テントを撤収して帰ります、どーぱみんてぃあさんとはここでお別れです、北沢峠からなので、今回は車も出していただきほんとにお世話になりました、空木から南アへの変更とかもすんなり受け入れてもらったのでほんと毎回頭が上がらないですね・・・!

DSCN3942.jpg
北沢峠から広川原まで、20分くらいです、乗り換えて甲府まで行きます、この時次の週にまたここに舞い降りるとは思ってもいなかった・・・

DSCN3943.jpg
広川原からは長いです、2時間くらいかかります、人はたくさん乗るもみんな芦安でおりるので座ったまま甲府までいけますよー
芦安では駐車場と思われる所はぱんぱんで路駐もありと!

甲府からお家まで帰って今回の冒険は終了となります。

---------------------総評----------------------
飲料水でいつもお世話になってる南アルプス様に初めて訪問できました!
登山始めた初年から行きたかったので夢かなってうれしい!
やまのぼりは一度頓挫するとなかなか次の機会がこない、下手すると翌年とか普通にあります。
その過程を乗り越えた先にあるピークの感動はほんとすさまじいです!

今回は甲斐駒ケ岳でしたが近くにある4峰でも一番男らしい山容、貴公子と呼ばれるのがよく分かりますね!
雲取山からみたこの山はピラミダルでかっこよかったです!

次は黒戸・・・いやーないかな(
-----------------------------------------------

照 デフォ
「キャンプは10人それぞれ自分の最善を尽くしてる故にいろいろ新しい発見があって面白い」

ローラ デフォ
「確かに、まぁいつも一緒に行ってる人だと新鮮味ないけど、てるとみどりは初対面だもんね」

緑でふぉ
「よろしくおねがいしますねー」

照 嬉まゆ
「ローラとは長い付き合いだ、よろしくなー」

ローラ にやり
「まぁまぁ腐れ縁よね、よくもまぁこんなに続くは・・・」

照 つむり0
「何を言っているんだ、同じ釜の飯を食べた同じテントで寝た仲間だ!」

ローラ 汗汗
「そういう恥ずかしいセリフはかないでください・・・」

照 つむりでふぉ
「しかし、自分が絶対だったローラはほんとにかわったなー」

緑でふぉ
「そうなんですか?大学であったときにはもう気さくな方でしたよ」

照 嬉まゆ
「うんうん、私に指図するな・・・とかしたがってればいいとかな」

ローラ ズバリ
「この話やめない?やめよう・・・やめろ!!!」

4こま

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

おつかれさまです~

こちらこそ仙丈or甲斐駒で甲斐駒生かしていただいて感謝です!

次こそは空木を・・・・

Re: No title

おつありです!!(*^^*)

次回は3度目の正直ですし、人も多いので晴れて欲しいですね・・・体力を作らねばなりませんな!!!

> おつかれさまです~
>
> こちらこそ仙丈or甲斐駒で甲斐駒生かしていただいて感謝です!
>
> 次こそは空木を・・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。