FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残雪の北アルプスof火山!!「焼岳」

5月・・・!残雪の雪山・・・とはよく言ったもので、高山は基本的に交通手段がないのです!
これは公共ハイカーにはとても痛い!

そしてもう一つが融雪具合がイマイチで樹林帯がむき出しだったり、そうじゃなかったり、これがまた難しい・・・!
おかげで、いけそう?いけないの判定が意外と難しく、アクセス調べてもイマイチ難しいのも多数あります・・・!
そんななか、本来は空木に行く予定だったのですが、イマイチ残雪具合と天気具合がわからなかったので、1dayでやれる
山・・・ということで事で今回もまたどーぱみんてぃあさんと一緒に北アルプスへ

北アルプスで激しい火山活動で有名な上高地のシンボル!

北アルプス「焼岳」
DSCN3597ブログTOP


北アルプスの北端にそびえる焼岳、(乗鞍も北っぽいけど繋がってるイメージが・・・)上高地から1dayできて親しみやすい山ですね!
しかしスーパー火山でかつても噴火で大正池を作り出した張本人です、最近では他のぽっぽ火山に比べればだいぶ落ち着いてますね。噴煙は出してますが。

DSCN3551.jpg
今回は平湯までバスで行き、拾ってもらうということに、毎度のことながら、日野バス停で高速バスに、新宿行きよりも安く早くついて帰り道も新宿程混んでないのでかなり重宝してます、ありがたい!

DSCN3553.jpg
しかし、このバス、出るのが11時に対して、着くのが3時半ともう少し睡眠させてほしいという・・・
それでも限られた時間を有効活用、500缶をアオリ、乗った瞬間に熟睡・・・と行きたかったがなかなか寝付けず、
予定通り、より少し早めに平湯温泉に。3時20分

DSCN3554.jpg
真っ暗、だれもいない、寒いのトリプルコンボ、でザックを枕にベンチで仮眠・・・しあつもりで4時半~5時頃に車で
どーぱみんてぃあさんが到着。
その後、今回登山口指定の中尾高源へ

DSCN3555.jpg
新穂高側の道であまり人気の薄い登山道でございます、人気あるのは真・中の湯ですね。
5時くらい到着で少々仮眠、6時頃に準備開始です。

中尾高原口は車は1台もなく・・・むむむやはり不人気か!
そんな事を言いながらも出発します、途中途中に色んな温泉設備らしきものがたくさんあります、煙を上げる

DSCN3558.jpg
舗装路を少し歩いて登山道。プロローグに到着、いわゆる近道みたいです。
橋を渡り登山スタートです!
気持ちのいいトレイルをまったり、雪の気配はなさそうですねぇ

DSCN3559.jpg
少し昇ると本登山口、いきますよー!登ります・・・!

DSCN3566.jpg
緑が繁る、新緑のトレイル・・・!曇りなので光ってない!

DSCN3563.jpg
白水の滝・・・かっこいい、隙間からちろっとしか見えないですが結構落差ありそうです!

静かな登山道を歩きます、いつもより寝不足なのか少しバテぎみ、どーぱみんてぃあさんはすごい・・・すたすた地図を片手に歩いて行きます・・・!

木々の隙間から見える笠ヶ岳・・・かっこいいよぉ(はぁはぁ
DSCN3562.jpg

DSCN3568.jpg
鍋助横手を越えて、


DSCN3569.jpg
ついに残雪登場!少し硬くなった残雪、結構めんどいのですよねこれ、滑ったらつるーとなる感じです!



DSCN3575.jpg
これの具合が分からないのでこの時期は判断が難しいってのが私の中にあります!


DSCN3570.jpg
しかし北アルプス好きなのでいろいろ調べちゃいます・・・!スリップに気をつけつつ先へ進みます!
登山道はこんな感じ・・・いやぁ難しいと言うか道じゃないですよねこれ、ルートを探しながらになってしまいます・・・

DSCN3574.jpg
ごそごそと歩いて行きます・・・道・・・(懇願
途中大きい岩とよじ登る、雪壁が少しありました!わかりにくいですがもう大丈夫ですかね。
ヒカリゴケは光ってなかったです!パワーが足りなかったですかね?

その後、神社を通過し稜線手前まで来ると二股に分かれるルートがありますが途中までルートを探しつつあるくも最後は藪こぎ、始めての藪こぎ、ものすごく大変ですねこれ、1時間やったら・・・

DSCN3577.jpg
そして稜線に到着、中尾峠から望む焼岳・・・ってかまだあんなにあるというかルートどこ!


DSCN3582.jpg
そのまま稜線伝いに歩いていくと上高地が見えます、すごい!アマゾンみたいだ!(行ったことなし



DSCN3586.jpg
稜線歩きをしながらいろいろな情報が入ってきます、ここまで来るとご褒美ですね!

DSCN3584.jpg
熊笹と笠ヶ岳、空中から見るその景色!感動しかないです!

DSCN3592.jpg
西穂までの道のり、あまり人気のない道ですね。

DSCN3589.jpg
ここまですれ違いはほぼなし、天気もピーカンではなくてもそんなに悪くないのにどうしたものか

DSCN3594.jpg
がれ・ザレの道、怖い!しかし高度がどんどん上がって行きます!
岩と砂の山時々噴煙・・
うーんすごい高度感!

DSCN3595.jpg
岩といわ・・・今回の核心部、雪のトラバース、事故はよくトラバースで滑ることで起きますね!気をつけて、一人は落石を見つつ一人一人行きます。イワヒバリっぽいのが雪渓をちょんちょん歩いてる・・・軽いっていいわね

DSCN3596.jpg
これを超えれば頂上はすぐそこ・・・!この雪渓を挟んで、新中の湯ルートと合流するみたいですね。
こちらは雪渓登り、こちらはこちらでおもしろそうで!

DSCN3604.jpg
ついに頂上です!南峰は立ち入り禁止なのでこちらが頂上です!
頂上から見えるパノラマはたまりません!

DSCN3601.jpg
頂上と南の間にはでっかい噴気孔がありました!もくもくとでっかい煙を放ってます、かっこいい!

DSCN3608.jpg
その間は急峻な崖と池、やはり火山は男らしいですよね!すごく好き・・・

そしてごはんタイムですね、ここでは袋ラーメンだr(

DSCN3605.jpg
長かったなぁ・・・いいロケーション、正直最初は焼岳の魅力をあまり感じてなかったのですが、登ってみて分かる景色!最高でした!

こういう薄曇りも山の色合いがよくわかってなかなかおつですね!

DSCN3610.jpg
それでは下山を開始します、名残惜しい・・・

帰りは焼岳小屋の方ではなく、ダイレクトの方をおりますがしっかりトレースができております!初見殺しなルートではありますが。
雪がいい感じに緩んで下りは滑るように降ります!降りたのはもはや登りの半分くらいでした!お疲れ様でした!

DSCN3612.jpg





DSCN3613.jpg

その後、バッチを買いに新穂高へ、秋は激混みで怒られる西穂無料駐車場もまばら・・・天気いいのに勿体無い!
しかしアクシデント!ここでは焼岳ばっちは一個しか売ってない・・・なんともどーぱみんてぃあさんに譲ってもらいました・・・かたじけない

DSCN3616.jpg
足湯でまったり、湯の花たくさんな場所で・・・!その後平湯に戻りお風呂へ!


DSCN3617.jpg
今回は氷菓の聖地!ものすごく熱かったですがいいお湯でした!注意は洗い場がないこと、無人です!あと虫多い!
その後、平湯でまったりしつつ、時間までおしゃべり、少し遅い時間までとってたので。

その後、平湯をあとにします、GWの立山みたいに激混みはなく日野に到着・・・毎度ながらかえってら即就寝・・・!
北アルプスを夢見る乙女・・・わたしは男だ・・・

------------総評--------------

場所を変えた焼岳!とても良いお山でした!ルート不明瞭なのはありましたが、壮大なスケール!火山特有の石と砂!
硫黄の匂い!最高です!
今回はストックとか使いつつ登るも圧倒的スキルの差を感じました・・・!

運動する力だけではなく知力的にも地図スキルとう雪のコンデションだったりを知る力が必要ですね。
私はまだまだなのでもっと力をつけて行かねばと思った次第でございます!

北アルプスが大好きで最近はホームを関東から長野に移しつつありますね・・・およよ
遠いですがそれだけ好きです・・・ぽんぽん行けないのですができるだけ安く済ませいろんな所にいってみたいです。

てか長野住みたい(

DSCN3611.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白馬子神妙
「ルートを知る、山全体を想像する!お天気マニアの紫亜に教えますよ!」

紫亜 流し目・
「お天気が好きなのですが・・・」

白馬子笑顔
「まぁまぁ、山に行けない身ですが、ルート確認とかで私も混ぜてよー」

紫亜 デフォ・
「うぃまどもわぜる」

白馬子デフォ
「まずは地図、大体25000、50000が主流よね~後者は山と高源地図、ルートが記載してあって見やすい」

紫亜 デフォ
「一方に25000は地形図が見やすくルート・・・自分の場所を把握するならこっちがいいね」

白馬子へー
「このままではコンパスが使いにくいわね、線を引くわよ!磁北線よ!」

紫亜 つむりへ
「なるほど、コンパスの北はこの数値だけずれてるのですね・・・」

白馬子デフォ
「そうそう、指針になる線を引いておく必要があるわね」

白馬子へー
「登山道周辺に何本か、ずっと使うなら等間隔に地図全体に引いてもいいかも」

紫亜 つむりo
「ふんふん・・・天気図と同じで紙面を見ると同じで楽しいかもしれないですね」

白馬子笑顔
「もう少し掘り下げていくわね」

続く

4コマ




スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。