スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川苔山、中級?

川苔山


ふむ、世界にはいろんな趣味がある、多種多様…しかしながら登山は最近増えてきてるらしい。
どこにその魅力があるのか・・・そう問われると、言葉ではなかなか説明できないですし。
それを他人に感じ取ってもらうのは難しいと思う。

特にそれを感じるのが登山ですかね、5感で感じる事をそれを知らない人に伝えても?になるだろう。
その辺、人にすすめるってのは難しいですよねぇ

とそれはただの前置きで!

今週は仕事が土日休みだったので、今週は奥多摩の川乗山にいってきました。
全開の高水三山に比べるとだいぶレベルを上げた感じですね、ぐいぐいといろんな山に挑戦してみたいお年頃です!

当日、天気も晴れの予報で問題なし、今回はコースタイムのそこそこ長いのでホリデー快速に乗らずもっと早い電車で行くことに5時半出発ですねー早いですね。
もともと朝は強い方ではないので前日は普通ならありえない時間に寝ました。

朝はねむねむしつつも、最寄りのコンビニで朝ごはんと昼ごはんを購入。、ネギ味噌おにぎり…味が濃そうだけど。
だがそれがいい。


電車に乗って立川まで、電車は早朝と言う事もあり人は全然少なかったです。
そして立川から青梅線で青梅まで、そこから結構待って、奥多摩まで。
2



そこでアクシデント1!
奥多摩駅に着くと


なんじゃこの人は!軍畑駅の時こんなにいなかったぞw
そしてバス二台も運行してましたが・・・

「ここまでとなります、次のバスは30~40分後になります」

( ゜Д゜)

それでも後ろには列はどんどん形成される恐怖。
奥多摩に来る場合はもっと時間に余裕も持ちましょう(

そしてまたもやぎゅうぎゅう詰め+外国人に挟まれ川乗橋までバスで…

バス停では一番のりでしたね!そこから舗装道路を40分くらい歩きます、準備運動にちょうどいいくらいです。
40分の準備運動っていうとなんかすごいですが。


download.jpg

そしてバイオトイレから先、登山道に続いています。

そこで、初めてバイオトイレなるものを発見、微生物で分解…これは、香ばしい香りが思想だぜ…とか思ってましたが…
すごい綺麗だし匂いしない!うちのトイレよりきれいなんですけど!どういうことです!

6

ここからが登山道です!最初はまったりと沢沿いを歩いていきます、新しい帽子を用意してきましたが、みどりのカーテンから降り注ぐ木漏れ日が実に心地よかったです!



5


沢の流れる音や鳥の鳴き声がほんとにいいです!川乗山が人気の理由がなんとなくわかってきます。
そんな沢を渡っていくと…

「あれっ!道がない!道どこどこどこどこどこどこ」
ふとよく見ると、後ろに看板が、今まで登ってきた道と違いかなりの急登に…おおお…
写真撮ってこなかったのが残念

そして結構登って、チェックポイントの百尋の滝に到着します!
かなりでかいです!そしてひんやり感がやばいです、かなり汗がやばかったですが、速攻で冷やしにかかってきます。
あっ、写真ない^^;

とにかくかなりおっきいです!びっくりします!

そしてそこで軽く休憩して登りを続けます、中間かなーとか思ってましたが結構先は長いです。

その登りを超えた先に・・・

頂上だー!
3

全開の高水三山に比べると600m近く標高が上がってます。
残念ながら展望はグラデーションの山のみ、小雨もぱらつく感じだったので

4

そしてここでお昼ご飯、前回の教訓を生かし、モンベルで簡易座布団を購入、なかなかいい。

そして今日のご飯はカレーヌードルの大盛りとネギ味噌おにぎりです!うんーしょっぱいのが体に染み渡る…

40分くらいまったりして、下山開始。

下山道はガイドブックに載ってた、古里駅方面を選択、頂上からずっと同じ羽虫が追ってくる、しつこすぎだろ…

古里駅方面は全然人がいなかったです、単調な道が続くと思いきや、途中からかなりの危険なコースに…

砂は滑るは下は見えないような崖だし…ここは結構怖かったですね、一歩一歩確実に帰ってきました。

ふもとに付いたらぱーっとコーラでもしようと思ってたが、古里駅は完全無人駅なうえに自販機もないという絶望…着替えてぼけーと電車を待ってました。

その後、立川で打ち上げ。低料金でリーズナブルなはずの居酒屋一級で一人4000近く使う絶望に…
また来週も晴れたら登山予定です。

写真ないと一気に行が縮まる…これは速く軽いカメラがほしい…
スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。