FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥秩父:瑞牆山、久しぶりの好天と大展望の巻

あぁーモンハン4面白いです。
モンハンはDOSからやってますが、やっぱり面白いですよね。
3DSのは初めて触りましたが、違和感は最初だけでしっかりモンハンとしてできてますし。
ボリュームも申し分ない。

歳をとるに連れてゲームする人は減ってると聞きますが、ここ数年はどうなんでしょうかね。
結構そのままやり続ける人が増えてる気がします。

やはり面白いものは面白いです。

そのせいで絵や日記が遅くなってるのは確かなのですけどね(

少し脱線しましたが。

9月!第二の3連休!(土曜日は仕事)の日曜日、奥秩父第二段。

金峰山に並ぶ100名山のひとつ、瑞牆山
DSCN0478 (2)

に行ってきました。

これまた、いい山行になりました。

・・・最後以外は・・・

__________________

交通機関
魎子 じとめ考える
魎子「登山って登るのはいいけど、アクセスが大変だよねー」
シャロ ぷえー
シャロ「そうですね、山の中ですし悪いのは仕方ないわね」
魎子 普通口
魎子「奥多摩辺りはアクセスがいいよね、駅から行けるし」
シャロ ふふふ
シャロ「珍しいものですよ、普通はバスもあります」
魎子 強気目瞑り
魎子「電車2時間+バス1時間とか結構くるものがあるかなー」
シャロ デフォ
シャロ「その時間をどう使うかはまた大事になってくると思いますが」
魎子 強気目瞑り
魎子「確かに、まぁ大半は寝てるよね」
シャロにこー
シャロ「電車ならでは、しかしやはり運転できるならレンタカー、車がいいですね
電車の時間に振り回されることなく、自分のタイミングで移動できるから」
魎子 デフォ
魎子「本来持っていきたくないものを車に入れておけるのもいいよねーお風呂セットとか」
シャロ チョいこま
シャロ「まぁ運転は疲れますけどね、運転手さんはご苦労様ですよ」
魎子 にこぉ
魎子「日帰りなら車、1泊なら電車かな、1泊なら旅情を味わいたい感じ」
シャロ 困り
シャロ「うーん、悩みどころです…」
魎子 ?O口
魎子「えー!なんで!?」
シャロ ムー
シャロ「やっぱり…人ごみはあまり…」
魎子 強気デフォ
魎子「んー、登山ブームだし仕方ないよね、でも並ぶのもまたひとつだよ!」
シャロ ふふふ
シャロ「確かに魎子と狭いバスでおしくら饅頭したいです」
魎子 いやそう
魎子「どういう意味よ」

__________________

瑞牆山・・・なだらかな稜線が多く、穏やかな気持ちになる中、一際目立つのごつごつしい山肌はまさに…

バサルモス

ごろごろと大きい岩がたくさん転がっております。
もちろん浮石もごろごろです(はぁと

こういう、山容の山は初めてな感じです。岩山って感じですよね、谷川とはちょっと違う感じです。
と言う訳で。

車だといつもどおり、始発。
夏に比べ少しずつ、日の入りが遅くなった気がしますよね、少し肌寒い朝です。

武蔵野線は平常運用、なんで武蔵野線だけ古い車両が多いのか。

友人の車でレッツ、山梨な訳になるわけですが。

3連休、コミコミです、まぁ流れてはいるわけですが、やはり渋滞はだれもが好きになれないわけで。
っていうか、こんなにたくさんどこにいくんでしょうか?
中央道でいける場所に山以外ありますかね…

途中コンビニに寄って、ラジウムラインを通り、駐車場に到着。
DSCN0453.jpg

またもや満杯、駐車場だけではないくそこに続く道路にも縦列駐車のオンパレード
人気杉だろ…

オシャンティな瑞牆山荘のすぐそばから登山道は続いております。
DSCN0458.jpg

いざ出発!・・・なのです!


と言う訳で、緩やかな登りから一気に急になっていきます。
最近、ヌル登山が多かったこともあり、ゆっくりめに確実に登っていきます。

地面はしっかり踏み固められてますが、舗装はあまりされていなく、浮石が目立ちます。
最初の方はまだ序の口なのですが・・・

少し行くと瑞牆山が一望できる休憩ポイントに、圧倒されてしまいます。
DSCN0470.jpg

そして水場…
溢れかえっている水は冷えひえで手で長時間は触ってられないくらいです!
おいしいです!初めて水場というものに遭遇した気がします。
DSCN0463.jpg

すぐ上には富士見平小屋、テント場があります。
ここから金峰山、瑞牆山どちらもいける拠点になってるみたいですね。

やまやまー、しかしこの富士見平を越えてからが本番である、まだあの山に登っていないのだ!

その通過地点となる沢、沢を渡るというのも何か新鮮ですね!
DSCN0467.jpg

そしてお目見えするのは叩き割られた桃太郎岩…正直事前に調べた時とは比にならないくらい大きかったです。
山での景色もそうですが、写真で見るのとでは全然違いますね、その空気、五感で感じて震えるのです!
DSCN0469.jpg

ごろごろしてきます。どのくらいごろごろかというとイシツブテパーティです。
DSCN0465.jpg


山男は捕まえたばかりのイシツブテ三体で勝負を仕掛けてきます、邪魔です。


道がどんどん狭くなり、急になり、道が混み始めます。
一枚岩も多く一苦労です。

岩がもはや壁レベルになってくると、ついにそいつが姿を現す…

大ヤスリ岩・・・!
DSCN0482.jpg

ゴゴゴゴゴ・・・

ただただ圧倒されるばかりです。その後後ろを見るとさらにすごいパノラマヴューが!

一気に精神的疲れが吹き飛びます。

そして、そして

頂上・・・!おぉー!
右手には八ヶ岳!目の前には南アルプス、あーん幸せー
DSCN0473.jpg

DSCN0471.jpg

こういう景色が見たかったんですよ!頂上は混んでますけど!

きれいすっきり見えるのもいいですが、こういう風に霞んで見えるのもすごい好です…!

そして今日のご飯は塩おにぎりとカップラーメン大。代わり映えがなくしかも写真を撮らない暴挙。
そろそろ山ご飯in手作りデビューしたい・・・

そして下山・・・最近ヌル登山をしていたので岩も多く、緊張を強いられます。

がりがり・・・

帰り専用ルートも多く、ピストンにもやさしいです。

そして富士見平に戻ってきました。
そしてここでバッジを買うことに、谷川とか買ってないですがどうせまた行くでしょうw

100名山こんぷなのです!

その後、また水場でごくごくして下山完了。久しぶりにしっかりした登山をしましたが。
腰の痛みも足の痛みもなく、少しづつ成長してるのを感じてちょっぴりうれしかったり。

下山後は温泉ですよね。
今回は帰りルートにある、増富の湯に立ち寄りです。
富士見平で50円引きの件をいただいたので。

しかし・・・ながらめちゃ混みです!

最初に体を洗う場所は順番待ち状態。
みずがき用1

湯船はいろんな温度があり、25度~41度くらいまであります。
25度は正直プールレベルです…
私は37度くらいがちょうどよくずーっと使っていられそうでしたが…
ふにゃーとなったくらいで上がりました。

その後4時くらいに帰宅・・・帰宅・・・あっ

中央道がみるみるうちにオレンジ色に染まる上に×マークがどこどこではじめます。

やべぇよ・・・やべぇよ・・・といいつつ。
しょうがなく、覚悟をして突入。

いけどもいけども大渋滞、30分おきに増える×マーク、ここは地獄ですかね、運転手はうんざりですよね。
戻ったのは大体10時・・・6時間の運転お疲れ様です。

10時をまわったこともあり、今日はお開き。

朝も早いと、一日がものすごく長く感じます、かなりお得な気分ではありますが、眠いときはそんな考え吹き飛びますよね(

総評
天気もよく、プランもよく、良い山行になりました、晴れたのが久しぶりだけあって、かなり気分よく登れた!
久しぶりの6時間コースだったこともあり、結構疲労感はありましたが、精神的なものもなく、次の日に残るような疲れはなかったです、いやはや成長したのう
みずがきよう2

というわけで。

次回予告

今年の集大成、憧れの南八ヶ岳、小屋泊での硫黄岳~阿弥陀まで縦走編をご期待ください!
スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。