FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C88「ただいま原稿中なので」

梅雨空の続く6月、いかがお過ごしでしょうか、のぼラー的には憂鬱な季節ですね、
それでも目をぎらつかせながら、梅雨の晴れ間を狙って登山をしようと考える・・・!

だがしかぁし!このたび夏のコミックマーケットに当選しました
これで14回連続当選になります、ほんとにありがたいです・・・ありがたい・・・

と言うわけで今回も出します!山擬人化の本
今回でナンバリングは3になります!よくもまぁ続きますね!
誠意制作中となりますので、それまでこのブログも少しお休み、ストックは結構あるんですけどね・・やばいやばい
記事のみはできてたりするのですが、編集がまだできてないので、楽しみにしてもらってる方がいたら申し訳ないのですが
しばしお待ち頂けると幸いです!

B0400_20150627012004592.jpg


正直スキを見て2件くらい更新したいところではありますが・・・!

スポンサーサイト

テーマ : 制作日記 - ジャンル : 趣味・実用

3年目開山!山初めは日光「男体山」

5月のGWを終えて私の中のシーズン3に突入しました!やっほー!今年もがんばりますよ!

と言うわけで夏山シーズンです!夏山は冬山と違って、おっかなびっくり短いルートをピストンではなくロングなルートを何泊もして歩けるというシーズンです・・・!
しかしそこに至るまでには冬とは違う持久力とかなんかいろいろが求めらる気がします・・・
冬シーズンから夏シーズンに戻すにはまたなんかいろいろ夏に向けてコンディションを上げていかねばならない気がします。

と言うわけで、次の目標までじっくりまったり登山をしていきますよ!

夏山第一弾は日光のシンボル、中禅寺湖に佇む信仰の山

DSCN3539改
男体山

に行ってまいりました
この日光男体山、閉山すると神社からのアプローチができなくなってしまうのです、なんでも天罰が当たるとか!
半冬山なのでなんともつらいものがありますが、この5ヶ月くらい我慢してまいりました。

というわけでついにそのシーズンがやってまいりました!5月5日が開山でございます!
多分うちからいける限界の公共交通機関シリーズその2に入る日光
その1は谷川です。

DSCN3501.jpg
東部線で日光まで、マイハウスからだと越谷辺りからの乗り換えです、ここで日光まんきつ切符を購入すると少しばかり安くなります。


DSCN3503.jpg
3時間半の道のり・・・これもそこそこ乗り換えあるのであまり油断してると寝過ごします!

DSCN3507.jpg
その先は日光、朝早いので人はそこそこ、それでも2月に来た時の雲竜渓谷に比べれば全然多いですね、冬そのものが観光地の閑散期なのですかね、よくよく考えれば中央道も空いてれば、山も人はいません、混んでるのは関越道くらいですねぇ

DSCN3506.jpg
と言うわけで、ここからはバスです、二荒山神社まで行きます、かの有名ないろは坂を経て奥日光へ

DSCN3512.jpg
いろは坂を越えるときらきらときらめく中禅寺湖が・・・きれいだ湖にはまた海と違ったきれいさがありますよね
そのまま湖沿いの二荒山神社前で降車、目の前が登山口となる二荒山神社です。

DSCN3517.jpg
この神社で登山口の前で500円と簡単な登山届けを書きます、治山していただいてるようで。

DSCN3518.jpg
ここで準備軽く準備運動とかストックとかの準備をします、入念に準備し神社にお参り、無事に帰ってこれますよね


DSCN3519.jpg
出発すると最初階段その後は新緑眩しい森の中に、きもちよい!夏山って感じで懐かしい!
しかしこの男体山、ずっと登りが続く訓練の山でもあります、がりがり登りましょう、車組が早いので人はまばら・・・バスでのアクセスでもどうしても遅くなってしまうサガですなぁ・・・

DSCN3521.jpg
新緑の道の一部、と言うことでそれを超えれば一度歩道に出ます、その歩道をずーっと歩く、山とは・・・!
治山用の道らしいです、しばらく歩くとまた鳥居が出てきます。

DSCN3523.jpg
ここからの山道ぐいぐいと急になってきます、一応何合目とか描いてありますが、それを数えるのはなかなかやめたほうがいいかもしれませんね・・・先が長いので。

DSCN3525.jpg
ところどころ避難小屋を超えつつ、急差も上がっていきます!

DSCN3529.jpg
岩岩しつつ、振り返れば中善寺湖・・・頑張れ頑張れ!

DSCN3531.jpg
小休止を挟みつつも、早朝組みはもう降りてきます、てか人おおいんですけど・・・

DSCN3528.jpg
手も使っていわいわ・・・まだまだ降りてきます・・・!

この山の注意点はそこそこのCTについで水場なし、トイレなしですね・・・!
どちらもしっかり用意して挑みましょう!

DSCN3532.jpg

その後、岩道を越えると一度樹林帯に、ここからはなだらかな登りに・・・!

なんと残雪八犬伝!しかしあと2週間もすればなくなるような量です

DSCN3535.jpg
道がどんどん赤茶色になっていくと一気に草木がなくなり森林限界へ

DSCN3537.jpg
すげぇ!高いー!中禅寺湖が一望できます、きれいですわ・・・!

DSCN3538.jpg
じゃりじゃりした道を越えて、頂上手前・・・!BANZZZAAAAAAい!

と言うわけで頂上です!頂上はかなり広くいろんなものが置いてあります

DSCN3539.jpg
と言うわけで、噂の新しくなった剣へ、ぴっかぴかやで!ぴっかぴか!

DSCN3544_20150610151217fc5.jpg
女峰山、太郎山、そして日光白根、多分尾瀬っぽいの、いろいろ見えます

しかしやはりこのロケーションで一番は中禅寺湖!きらきら

DSCN3547.jpg
中心に戻り、昼食にします、昼寝してる人とかみなさまざまですが
夏山とはいいますか、アクセス的にも人が多いのですかねよく分からないです!
今回も袋ラーメン、山屋といったら山で袋ラーメンだろうが!
すっかり袋ラーメン派になってしまいました、今回からチャーシューとメンマの後入れ具財を投入

DSCN3548.jpg
まったり時間をすごして、少しおくの方へ、なみあみだぶつ!こっちのロケーションがまた最高!ちょっと怖いですがすごい!
岩の上に立って空にいるような感覚を味わえます

DSCN3543_201506101512158c2.jpg

名残惜しいですが下山、いつもは下山は思いのほかすぐー!ってイメージですが、ここに限ってはすごく長く感じました、なんでだろ
待ちとかがあったってのもありますがね。

その後歩道に出てもう一段階下ればゴールです!長かったですがお疲れ様でした!最近はぬる山多かったので少し足へのダメージといいばて

トイレを終えてバス停へ、中禅寺湖に別れを告げて、日光に戻ります
ちょうどよくバスが来てくれたことに感謝しつつ

しかし東部日光駅よりきれいで観光地な感じだった中禅寺湖、多分湯元もそんな感じなんだろうなぁ

東部日光でしばしビールタイム、カレーと一緒にですが金谷ホテルのではありません、今回も狙ってたのですがどこにもない・・・
軽く飲んで、東部日光から帰ります、帰りはめちゃコミの東部日光駅・・・ここから3時間と少しかかると(
なんでだろうか、谷川よりも気が重いんですよね

そんな時間は特になにもないので、3時間かけて帰宅、お疲れ様でした。
これでまた百名山をぽちり

------総評-------
夏山1発目にして百名山!冬は百名山攻めにくいので・・・はぁ
というわけで冬まで、冬は閉ざされる地をばりばり攻めていきますよ!

土をもりもり歩くので雪とは違った負荷がかかる気がしますね、しかし今回は去年よりは復旧に時間かからずいい感じ。
アイゼンはいて上げるような場所ばかりに行ってたからかも?
ふとももの強化がされてる気がします!

この男体山も他の山と違って岩岩しつつも浮いてる石がほとんどない、多分整備されてるんですね。
この後いった山ではガレザレに悪戦苦闘でした・・・

と言うわけで梅雨明けの目標を目指して、夏山の体作りをしていきたいと思います!
男体山は素晴らしいお山でした!日光のシンボルだけありますね、信仰だったり調べたりしても面白いやまだったと思います。

-----------------------------------------------------------

シャロ ぷえー
「久しぶりの夏山ですわね、大きい装備も置いて身軽ですわね」

シャロ ムー
「それに日も長くなって行動しやすい、展望は曇りがちですが一長一短ですわね」

シャロ デフォ
「着こなしは大丈夫でしょうか・・・多分こんな感じだったと思うのですが」

魎子 デフォ ワ
「ごめんごめん!ちょっと遅れた、夏服久しぶりで、迷っちゃったよ!」

シャロ えー
「ん、わたしも・・・ってわー!!」

シャロ 困り
「スカート忘れてますわよ!間違っていないですが間違ってます!一度帰りましょう!時間はあるので!」

魎子 赤面 しまった
「ありゃ!そうだった!完全に忘れてたよ!」

シャロ じとこ
「早朝でよかった・・・」

男体山4コマ

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。