スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW立山の旅その2「別山・劔岳を見に」

DSCN3458かい

3日間のGW旅行二日目

二日目はツイッターでお世話になっている、どーぱみんてぃあさんと合流して別山を目指します。

朝市のバスで来るということなので、朝ご飯(結構豪華)を堪能しくるまで雷鳥荘でまったりしてました。

DSCN3436.jpg
9時以降はお掃除してるみたいなので、お外で立山を眺めつつまったり・・・どんどん登ってきます!

時たま、地獄谷の硫黄臭がしますがまぁまぁ、しかし雷鳥荘までは湿った布を持つことが推奨されてますので来る際は
ご注意ください

しばらくして、どーぱみんてぃあさんと合流、黄色と水色のパステルカラーが印象的なイケメソです。
私よりもお若いと・・・山関係では結構珍しかったり、ちなみに乗鞍でもご一緒しました。

とりあえずは雷鳥沢キャンプ場を経て雷鳥沢を登り、劔御前を目指します。

DSCN3437.jpg
雷鳥沢は盛況ですね、テントがぎっしり、しかし雷鳥荘まで戻りでまたこれを上げるのかと思いつつガツガツ降ります。

DSCN3442.jpg
雷鳥荘からありんこの様な行列が上まで、人気ですね!雄山の方が人気ですが、こちらも負けてません・・

なぜかと言えば。。。どかーんと劔岳が見えるからです!

DSCN3439.jpg
さてさてアイゼンで登ります、雪山歩きも靴もなじんできたので登りで足が痛くなるって事はなくなりましたねー

DSCN3440.jpg


DSCN3443.jpg
少し上げただけで景色がどんどん開けて行く・・・すごみ

DSCN3445.jpg
途中途中急な所も、こういう場合はストックではなくピッケルのが使いやすいですね、ストックだと長さではじかれてしまいそう・・・
そもそも垂直に立つと手が前の斜面にくっつくという

DSCN3446.jpg
まだまだ半分くらいですね、直登楽しいレス

DSCN3449.jpg
がっつり登って劔御前小屋、ここから雪がなくなります、稜線はもうないのですねぇ
今年の雪解は予想以上の早さなようでいろんな所で早すぎる!と聞きますね。

DSCN3450.jpg
休憩のコーラを購入・・・おいしい、やはり降りなくてもコーラがおいしいですね!
この辺りでは鳥さんがちらちらと写真を撮らせてくれる様に見せかけて撮らせて暮れないいけずに・・・!

DSCN3453.jpg
ここから別山か、劔澤か分岐してます、さすがに劔方面の人影はなし。
休憩後、別山までいきます。

DSCN3466.jpg
れっつごーなので!

DSCN3455.jpg
上に上がるも夏道、これはこれでよい、稜線に出ると雄山まで、の道のりが・・・!

そしてついに
DSCN3452.jpg
劔ドーン!

初めて見ました!こちら側の山域は初めてだったのでうれしい・・・!
それにしてもかっこいい、ギザギザの尾根が三本つながってます。
どれもバリルーでいろんな登山道があれどどれも難関な辺りが劔のかっこいいところ

登山を始めて早い内に聞いた名前で憧れの山・・・いきたみ・・・いきたみあります!
というわけで稜線旅、天空旅行は楽しいですね、人もここまで来ると以外と少ないです。
真砂岳までいく人が多いみたいです。

今日は別山まで、というわけで別山に登頂しました!ほこらがありますが指標みたいなのはありませんねー
探して見るも特にないので、北峰まで行ってみることに、こちらまでは10分前後で誰もいないのでおすすめ

DSCN3458.jpg
劔どーーーーーーん!2回目
こちらの方が八つ峰までしっかり・・・!しかもこの北峰から劔まで道つながってるのね、ルートはないのかな?

気持ちよい場所、人は私たち以外はもう1グループのみ、広々とした場所でご飯です。

DSCN3462.jpg
今日はーパンと、袋ラーメンです!山屋といったら袋ラーメンだろうが・・・!
といっても最近まではカップ麺だったのですがゴミも少なくえこえこー

と言うわけで、劔を見ながらいただきます!
みんみん氏はやはりさっぽろ1番の味噌らーめんが好きです・・・おいしい

まったり昼食でゴージャスな時間を堪能してもどります。

DSCN3459.jpg
別山・・・いいところだった、劔澤のテント場もそこそこ人がいるようで劔御前に登ってくる人達が列をなしてます

劔御前に到着、楽しかったですなぁ。

DSCN3470.jpg
そして下り始めたときに奴らがついに・・・!雷鳥のつがいです!白い!かわいい!白い!かわいい!
これを見に来たんですよね・・・これで立山に未練がなくなりました・・・!今回の山行は大成功です!

DSCN3479.jpg
それにしても

DSCN3472.jpg
かわいい、おっもちかえりー!


そのままどーぱみんてぃあさんはスキーで滑走、下山早いのはうらやましきかな・・・!
と言うわけで、一人下ります、雪壁な場所もあったりでほぼ滑走な立山では広い雪原にぼっちです。

DSCN3481.jpg
でもこの状況が結構好きで、特に立山は視界ががっつり開けてる節減に一人なので・・・すごくいい気持ち
そのままざくざく下ります、いい感じに緩んだ雪は踏み抜きなく降りれてよい!

雪壁ゾーンも気持ちよく下山、ありがとうございましたと・・・!

雷鳥沢キャンプ場で落ち合って雷鳥荘にもどります。
最後の登り返し、なんともめんどい!

到着、お疲れ様でした!
一度部屋にもどり、色々お片付けしてから休憩室へ、行ってご飯までお話をする訳で山のお話しかしていないのに全然つきないのですよね、素晴らしい山!

DSCN3484.jpg
その後、夕食を・・・今日も鍋、毎日鍋ある温泉旅館the贅沢


DSCN3485.jpg
今日はピッチャーで飲みますビール・・・最近飲み過ぎな気もしますが。
うぇいー!!

最後の方までぐだぐだだべってしまったのでそそくさと退散に休憩室へ
その後持ってきた頂いた富山のお酒と昆布漬けで晩酌・・・
もらってばかりで申し訳なかったです、次回は私も色々持って行きますね!
おいしい日本酒とおつまみで話に花を咲かせて・・・就寝、山はよいものです・・・!

・・・・・・
DSCN3486.jpg
3日目の朝、朝ご飯を御一緒し、帰り道につきます、3日間お世話になりましたと、これで20000は本と安い・・・


DSCN3489.jpg
外はガスと雨・・・止んだり降ったりと不安定ですが、もたもたしてても仕方ないので降ってないうちに出ます。

DSCN3490.jpg
が、やはり降ってきた、そそくさと室堂へ戻りますが・・・そこそこ濡れてしまいました、この工程が長引いたら低体温でしんでしまう!

室堂はターミナルから出れない観光客でパンパン!
一応お土産を購入、それでもデカイザックを持っては動きずらすぎる、しばしばして
どーぱみんてぃあさんありがとうございました。
少ない休みを室堂までおいでいただき、感謝感激ですです!

DSCN3494.jpg
帰りはごった返す黒部アルペンルートを扇沢まで・・・長い・・・
この時間にもなると、どこも檄混みで観光どころではありません
ましてやおっきいザックもあるので・・・!
と言うわけでそのまま下ります、観光して帰りたかったとか甘かった(
どの交通機関もギュウギュウ・・・

黒部ダムでは再度濡れながら駅までむかいます!傘用意しといた方いいですよ(

DSCN3497.jpg
扇沢・・・お疲れ様でした、ここからはバスで信濃大町まで!
結構乗ってきましたが乗車時間はそんなにないのでまったり。

DSCN3499.jpg
信濃大町着・・・1時前、帰りのバスは3時、早すぎたかなぁ(
お昼を駅前のぶたのさんぽでとります、ご飯は黒部ダムカレー!チーズ付!
デカイ!チーズのせいで景観が・・・(

というわけで並んでた甲斐もあり、ボリュームもありよかったです。
その後は駅前で待ちぼうけ、長い(

3時20分頃バス到着・・・ここからがほんとに長かった!GW帰省ラッシュに阻まれ、日野についたのは21時すぎ・・・
六時間くらいバスに乗ってて2時間以上遅れてしまったとのこと

その後、立川を経由しおうちへかえる・・・この長い旅は終わりを告げました。

------------------------------------------
総評

これにて2年生の締めくくりとなります、ほんとによかった。
去年のGWは足をケガして動けなかった分存分に楽しめました、天気も味方してくれましたね。

立山自体は前々から来たいと思っておりましたが、まさか雪の時期に来ることになるとは思ってませんでした。
雄山・それに別山・・・どちらも違った魅力のある末端なのでまったく違った景色が楽しめるです!
人も沢山はいっているので今回は安全的にもよいと思いますが本来は雄山までは結構はーどな雪の稜線らしいです。
夏道丸出しだったのでまた変わりますが。

二日目は劔岳を見に行く登山でした、雷鳥沢は登りごたえのある直登で登ってて楽しい沢です!
下から上まで、宿にストックはおいてきてピッケルで登りましたが楽しかったです・・・
ピッケルについてもっと知りたくなる・・・もっと相棒になりたい登山です!

それにしても雷鳥荘は最高の登山ベースになってくれました、ご飯もおいしいしお風呂あるし、寝床もいいしで悪いところは思いつきません・・・!
今回の旅で疲れるのはやはり移動ですかね、移動だけで時間が相当使われてしまうのですよ(
それも、登山の醍醐味と言えばそうなのかもしれませんが・・・

今回二日目同行して頂いた、どーぱみんてぃあさんとは二回目、本当にありがとうございました!

これにて登山3年生昇級登山を終わりとします、また来年もワンダフルラッシュで登山をしていきたいなぁ・・・

-------------------------------

白馬子笑顔
「ろって!!つかまえた!!」

シャロ 困り
「おわーっ!!白馬子!」

白馬子デフォ
「こっち見ないでね・・・少しこのままで」

シャロ ふふふ
「OKOK・・・久しぶりだな白馬子、大きくなったな」

白馬子へへh
「育ち盛りだし・・・ロッテだってがたいいいね」

シャロ えー
「女の子に言うせりふではないですわね」

白馬子笑顔
「おかえりなさい」

シャロ ふふふ
「・・・ただいま」

新規キャンバス2

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

山岳リゾートの旅・GW第二弾 「立山・雄山」1

蝶ヶ岳が終わり、しばしスパンを開けて、立山へ!
今回のGWはガッツリ休みが取れたのでこんなリッチな旅が出来て幸せです(財布は軽くなりましたが

今回は扇沢までアクセスしてくれるマイたびを予約しました、今回は荒天でもそこそこ楽しめるだろうと思ったのでキャンセル料の恐怖を振り切って予約・・・!
やっぱりなんだかんだで起きたら入口のアドバンテージは強いですよ・・・

という訳で、今回は山以外でも有名な日本の山岳リゾート


ブログTOP
北アルプス「立山」
温泉旅行と登山の登山しに行ったか怪しい登山に行ってきました。

登山を始める前から知ってた黒部アルペンルート、旅行好きとしては過度な広告で行こうとはおもいつつも長野とか遠いしなと思って行けてなかった場所、それもそのはず、この黒部アルペンルート、扇沢から室堂の往復に
10000もかかる!

躊躇はしていたが、今回は3000m峰で憧れの場所、GWだし贅沢にと言うことでここに決まりました。

室堂は一昨年の11月の真砂岳の雪崩のイメージがあったので、雪に関しては結構シビアに考えておりました。
それに火山活動の活発化と言われる地獄谷、前途多難?と思いつつもいろいろ計画を練り始めたのは4月初頭

北陸新幹線で富山に言って、そこで富山観光したりーとかおもったりしたのですがね、予算が・・・!
結局山だけを目的で今回は雷鳥荘さんに2泊をしてのりっち&りっち!

今回のGWはこの立山の三日目のみ荒天の予報でほんとよかった・・・

時を遡るは5月1日、扇沢行きのバスは11時なのでまったり準備、そわそわともいいます、お昼は自分で作るので2食分だけ持って行きます。
こういうのって良く予備って聞きますが何がいいんですかね、コンデンスミルクを予備で入れてるんですけどご飯ではないですよね(

普段よりちょっぴり軽い大型ザック、しばし休憩、寝たり、絵を描いたり、そもそもこの立山の次の日はコミティアのサークル参加なのでもう、次の日は荷物持ってそそくさと出発する勢いなので鞄にもう全部用意しておきました

高速バス・・・もう友達だよ、ここ数ヶ月で何回長野に連れてってもらったのか。

DSCN3344.jpg
今回はまい旅なので新宿のいつもの所ではなく、竹橋の毎日新聞社前
新宿しかり、竹橋しかりデカイザックを背負って、都心に出るのは少し億劫ですよね、行きも日野に止まってくれたらいいのに

GWの毎日新聞社、まだまだ社員が・・・GWもお疲れ様です。
まい旅の場合、新宿集合だと集合場所が少し遠いのでこっちのが駅から近い上にコンビニもあるので
おすすめですね(コンビニはおにぎりだったりがもう品切れ状態です・・・

いろんなバスが発着するので、集合場所は路地裏の様な状態、ざわざわしておりますねー
カウンターで乗るバスが呼ばれたらそこまで、今回もかしゅっとビールを一本開けてバスに乗ります。
初めて行くところなので少しの不安と期待を胸にバスは出発、混み方はほどほど、なんで?秋や夏は埋まってるのに・・・キャンセル料を飲んで、半月くらい前から予約してたのに・・・!

DSCN3348.jpg
双葉SAやおなじみの諏訪湖によりつつ夜は更けます
そして途中で七滝ダムで降りる二人組・・・一体どこにいくんですかね

DSCN3350.jpg
夜が明ける前、に扇沢に到着、ここまで来てくれる夜行バスって以外とないので助かりました。
まだまだ静かな扇沢、チケット売り場は数人だけ並んでます、とりあえず並びます。
時間は5時くらい、全然並んでないのでだいぶ肩透かし。

寒くはないのですが、だいぶ暇をもてあます、コミケの待ち時間に比べれば全然ですが、鍛えられたものですね

DSCN3351.jpg
ふと目をやれば、7月に挑戦予定の鹿島五竜岳の入り口、爺ヶ岳登山口、絶対攻略してやるんだからね(ツンデレ

DSCN3352.jpg
5時50分くらいから受け付け開始、6時発の始発を確保できたのですいすい移動できます。
初めてトロリーバスで山越えです!

なんと往復10000円!!高い!手回り品片道600円

DSCN3358.jpg
旅行で夢見た、黒部アルペンルートが今ここに!上についた電線で動くバス、乗ってる感覚は普通のバスかな?
長いトンネルを越えて、途中破砕帯めっちゃ大変だったと二回くらい聞かされて、黒部ダムへ

DSCN3361.jpg
憧れの黒部ダム、うーんダムだ!どこまで行ってもダム、水はあまりきれいではないですが、落差がすごい・・・
そういやここから下廊下に行けるんですよね。
と、次の便に間に合う様にせかせか歩きます・・・黒部観光とはどこに・・・


DSCN3365.jpg
ここから斜めってるケーブルカーです、これは狭く、中もギュウギュウにぶち込まれるので乗っててもおもんないですなぁ・・
暗いし。

DSCN3367.jpg

たどり着くは黒部平、こちらではロープウェイ整理券1番をゲットしたのでこれまた一番のり、うれしい!
この施設、ロープウェイは回転が遅いので満員になってしまいます・・・今回は展望台までは行きませんでした。
ロープウェイ第一便!中に押し込まれ景色は堪能できませんでした!かろうじて雪の壁みたいな斜面が見えましたが
観光にきてこれだとげんなりしそうな^^;

DSCN3369.jpg
まだまだ続くよ、ここは大観望、ここからは再度トロリーバスに、続きますね!これは台数もあるので座れました。
観光してない!

DSCN3370.jpg
破砕帯の主張とここは雄山の下と聞きながら最高点・・・室堂へ!

DSCN3373.jpg
きれいな構内、お土産屋さんにうどん屋さん・・・一体ここは山か!
登山相談口に登山届けを提出、ビーコンも持って行ったがとくには見せなくてもいいみたいですね(こんな事かいていいのか
このターミナルでいろいろ準備、てか暑い予報だったのでもうオーバーパンツは押し入れですかね。

DSCN3374.jpg
外に出ると、おっきな立山連峰がお出迎え、照りつける日差しがまぶしい!これが山岳リゾート!

DSCN3375.jpg
高まってきましたぁ!しかも風無し(少しは吹いてほしい

DSCN3381.jpg
とりあえず、特にストックとか出さずにこれから2泊お世話になる雷鳥荘へ、今日の予定の雄山からは少し遠ざかるけど・・・


DSCN3382.jpg
雪道がメインではありますが、夏道みたいなのもあってほんと雪少ないんですな・・・

DSCN3387.jpg
みくりヶ池山荘を超えて一気にくだりあがり・・・まだ汗はかきたくないのですが。

DSCN3390.jpg
大体20分前後で到着。

DSCN3391.jpg
今回の宿雷鳥荘さんです、2泊お世話になります~☆
内装もきれいで言うことなし、とりあえずまだお部屋の準備はできてないとのことなので少し荷物だけ置かせてもらって
雄山に出発します

DSCN3392.jpg
雷鳥荘からみくりヶ池に方に行かず下ります、また上げるのか・・・
そこで恒例のゲロォ!!!

DSCN3393.jpg
カメラマン達が不審な動きをしてたのでなんだと思ってましたがそういうことでしたか。
一気に飛び立つ雷鳥、パシャパシャ取り始めるカメラマン、残念ながら遠目にしかとれませんでしたが
白い雷鳥さんの姿を目に納めました!!

DSCN3397.jpg
きれいに舗装された雪道を歩いていると雪庇崩落後を発見、遠目に見るとあれですが、実際はすごく大きそう。


DSCN3395.jpg
すげぇな青と白の芸術的な雪庇後じゃ・・・

DSCN3398.jpg
途中から室堂方面に戻って折り返す道になってますが、直登します。
1ノ越まで上げます、急だ、緩んでるのでアイゼンをするほどではないのですが、なかなか急、たまにキックステップ


DSCN3403.jpg
直登を続けて道と合流、緩く足跡も沢山あるので楽ちんに。そのまま一ノ越山荘前まで。

DSCN3400.jpg
ここまで来ても景色は最高です。風もなくまったり、蝶が岳に続き休憩してると居眠りをかましてしまいそうな陽気。

DSCN3406.jpg
それにしてもここからは雪無し、これは冬山とは呼べないすな・・・夏山です。

観光客の多く訪れる雄山となめてはいけません、山頂までは岩岩したガレ道が続きます。

DSCN3408.jpg
一歩一歩確実にぃ・・・
この感覚はだいぶ久しぶりな気がするぞいぞい

途中休憩地点スキーヤーは皆スキーブーツで大変ですね、でも帰りはその分らくなのか

というわけでガレ道ザレ道を越えて・・・

DSCN3418.jpg
立山の主峰「雄山」に登頂しました!3003m!!

DSCN3413.jpg
残雪の3000m峰うれっぃしいい!乗鞍は敗退したので・・・!
みんなまったり休憩してますね、小屋もあるのですが。

DSCN3411.jpg
穂高側の景色しか見たことなかったので・・・感動が隠せません!

しかしながらしっかり槍は見えてます、てか穂高も笠ヶ岳も・・・手前にある立山からのみ道のり・・・!

DSCN3417.jpg

すっごー!

しあわせじゃ・・・そして後ろに見えるのは憧れの後立山連峰、鹿島槍、五龍岳・・・!かっこいい!

DSCN3420.jpg
神社の後ろから続く縦走路、本当は行きたかったですが・・・むむむぅ、危険道なので今回は一人なので断念

DSCN3423.jpg
まったりご飯になります、ういうい最近はまり中の香るカレーシリーズ、もう逃げられないんだな
あとは前回残ったカボチャのポタージュです・・・前と一緒じゃないか・・・!

昼寝してる人が沢山いますが、ご飯を食べてまったり下のち戻ります。
帰りも急なザレガレの道を下るので慎重に・・・途中雪の急な斜面がありますが、ステップが切ってあるのでよちよち歩きで降ります。

DSCN3421.jpg
一の越までありがとう立山・・・!帰りはざくざく下りますよーさすがに午後になって上がってくる人もいないので直登コースでは自分一人がこの景色に置き去りにされてる、すごい感覚・・・いい!

直登コースを下る、たまーにスキーヤーがスゴイ速度で追い抜いて行きますがマイペースで。

DSCN3426.jpg
雷鳥荘まで戻りました、お部屋もしっかり用意されてたのでお部屋へ移動。
相部屋は2段ベッドが4つ、それぞれ一人人ベッドが割り振られます。

そしてこのベッド・・・ものすごい快適、干したりベッドの下に物閉まったり快適すぎる上に電源も使えると北ものだ。
そもそも4階建てですしね・・・!個室だとさらに浴衣まで貸してもらえると。
いろいろ脱いだり着替えたりして・・・とりあえずカフェスペースでお疲れ様でした!

DSCN3429.jpg
くぅーきんっきんに冷えてやがる!!

ビールを飲みながら、まったり・・・まったり、てかピッチャーで2000て安くないですかね。
まったり1杯やった後はご飯までしばし休眠、6時からご飯ですね。

DSCN3430.jpg
ご飯は地下1回の大広間で食べます、山小屋?のんのん温泉旅館なみのご飯です!
お鍋もあって幸せ・・・ここ山小屋?のんのん(
ついでにビールも・・・きんっきんに冷えてやがる!

幸せなご飯タイムを終えてお風呂へ、今回の一番気になった所、普段は温泉なんてそもそもない山小屋・・・
どれほどのもんなのかな・・・と思いましたが!

幸せ・・・写真はないのですが、洗い場に内風呂、そして見えるは富山方面と大日岳、沈む夕日の雄大差を硫黄の匂いと共に温泉トリップ・・・!

ぽかぽかボディとお酒が入りつつも夕涼み・・・夕方でもそんな寒さはないですね。

DSCN3432.jpg
沈む夕日は富山側・・・

DSCN3433.jpg
登る月は立山に・・・素晴らしい!

DSCN3435.jpg
こうやって立山は静寂の世界にその姿を沈めていきます


DSCN3434.jpg
ハッピーな一日も終了、次の日もワンダフルデイであることを祈りつつ・・・この日は終了します。
2段ベッドもすごく寝やすいのでつかれはマッハでなくなりました。

続く

ふと一通の手紙が私の下に届いた

マリベル山岳部時代の友達「冷泉 白馬子」
私を山の道へ誘った張本人でそれから当分のコンビだった
しかし、秋口の晴れた日に私をかばって落石を直撃した
一命を取り留めるも半身不随になってしまい、車椅子生活を余儀なくされた
それでも山岳部が好きで私たちを司令室で指揮をとり常に相談役だ

私の悩みも親身になって対応してくれたが退部する際は突っぱねてきてしまった

そんな彼女に私は合わせる顔があるのだろうか

現在黒部アルペンルート室堂でアルバイトをしているようで、手紙と往復のチケットをくれた訳
今なら、また昔の様に白馬子に向き合えるような気がする。

新規キャンバス


続く


テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

黄金週間突入!開山前の上高地に一足先に「蝶ヶ岳」

冬は繁忙期でまったりできませんでしたが、ついにそれを終えて、みどりの輝く新緑の季節になりました

そう、5月の連休は今回は正月より長い・・・!きんいろモザイク!黄金週間です!
いやはやずっと待ってましたよ!ありがとうGW

というわけで今回は最初の連休と併せて12連休にしました!うへへ最高ですねうへへ
夏だったらがっつりと縦走を計画できましたが、今回は冬、安易に雪のど真ん中に計画をする事もできないので
2回に分けたトリップ、山岳ツアーにしました。
どちらも長野ですが・・・

今回は第一回!我が登山二年生を締めくくる2つのお題として第一弾
DSCN3318改

北アルプス、常念山脈の「蝶ヶ岳」
に行って参りました。

今回は上高地に開山前なので上高地近辺のお店は基本的に閉まってます、そのせいかさわやか信州号はがらがらでした、夏はすぐ埋まるのになんてこったい。
つまり開山前は物資の補給、休憩できる場所が著しくなくなります、上高地観光を兼ねるとちょっといまいちかもですね。

と言うわけで時を遡ると、移動前、今回は小屋泊朝飯無しで蝶ヶ岳ヒュッテに1泊します。
4食分のご飯と冬山系の装備、厳冬期に比べればいくぶん少なく持ってきてますがそれでもまだ重いですね
最近は32リットルのザックつかってない・・・

まったりと半ドンで準備、スタートは11時にいつもの新宿西口です。
もうこのコースになれてしまったので入口的なイメージありますね・・・

それでも全然山登りな人はいないです、夏はもっといるのにと言うことで信州さわやか信州号で出発、バスの中もガラガラ、すげぇ・・・こんなことってあるんですな。

バスの中ではカシュっと一缶ビールを入れます、これにより快適な睡眠を確保できます、これを始めてからバスの中も快適快適・・・・消灯もすぐなので、ぐっすりと睡眠を・・・

・・・・


DSCN3265.jpg
起きればそこはもう上高地、沢渡とか経由しなくていいってホント楽です、という訳で上高地バスターミナル
これで3回目の上高地になりますね、毎回登山を始めたきっかけをくれた事に感謝しなければいけませんね。
快晴予報の続くGW、今日もいい天気が期待できそうなオレンジと青の混じった空・・・ここはもう入口なんですな

DSCN3267.jpg
というわけで、穂高様にお祈りを込めてスタート


DSCN3269.jpg
全く人がいない静寂に満ちたかっぱ橋を超えて徳澤まで。

DSCN3270.jpg
途中から見えてくる明神岳、バリエーションルートしかないエクストラマウンテン、こんなに絵になるとは・・・!前回は曇ってて見えなかったんですね、かっこよすぎ、です!


DSCN3271.jpg
ここから徳沢まで明神まで1時間、徳澤まで2時間とめっちゃ長い道再び、きれいな梓側を見て・・・って限界があるよ!


DSCN3274.jpg
それでもって徳澤・・・ばああああああん!モンスターにエンカウント、この時期人来ないもんな、ってか多すぎ、徳澤にテント貼ったらちょっかい出されそうで怖い・・・!

DSCN3276.jpg
それでも徳澤もこんなにがらんがらん・・・これが徳澤・・・!?聞いてたのと違う!

DSCN3279.jpg
閉まってる徳澤園を尻目に登山口へ、ここからが登山ですね、軽いウォーミングアップは終わり!


DSCN3280.jpg
とりあえずアイゼンはなしで、登ります、樹林帯の急登・・・そう、地獄はここからだ・・・!

DSCN3284.jpg
ここから途中雪道を挟みつつ登ります、ステップがあるのでガリガリ登れるものの、道はずっと不明瞭、ピンクテープと登山同後を頼りに、たまにGPSを確認しつつ登ります。
GPS通りだと、踏み跡は結構ショートカットきってるので結構こわい

DSCN3282.jpg
ちょっと平になるも、すぐに急に戻ります、うーむそれにしてもどこまでも樹林帯である、。

DSCN3283.jpg
見上げれば青い空が・・・休憩中

DSCN3285.jpg
2段目の平坦にてやっと・・・遠くの山岳・・・あれは常念岳!常念山脈主峰の常念ちゃん!かっこいい、ピラミッド型の山岳はかっこいいですよね、しかしやけに遠く感じるまだまだなのか・・・!

DSCN3287.jpg
少しづつ木の数は減るも、まだまだ樹林帯の稜線歩き、まだまだあげますよー!

どう見ても槍・・・!

DSCN3289.jpg
そしてたどり着く雪原、ここからが稜線あるきかな?と思ったのも束の間、あれ!?

DSCN3291.jpg
山小屋見えるんだけど・・・到着、結局終わるほぼほぼ手前まで樹林帯だったのか・・・!

DSCN3292.jpg
という訳で蝶ヶ岳登頂であります!景色が広がらなかったので忍耐の登山でした。



DSCN3294.jpg
圧倒的スケール、これを見に来た、やりほー!

DSCN3294.jpg
小屋方面、中々のロケーション、いい場所にあるなー蝶ヶ岳ヒュッテ!

DSCN3299.jpg
という訳で本日の手続きをして、ご飯、今回は夜のみを頼んでたのでお昼と朝は自炊ですね・・・!


DSCN3300.jpg
お昼:香るチキンカレーとかぼちゃのスープ、これがまた今回初挑戦の香るチキンカレーが大当たり!
すごくおいしいしカレーカレーしてる!すごいうまくてびっくり!!

ビールもきんっきんに冷えてやがる・・・!(寒い

DSCN3301.jpg
ご飯を食べて、お外でまったり撮影、何がいいって全く寒くない、座って日向にいれば、うとうと眠ってしまいそう。

DSCN3303.jpg
常念岳方面、これでまた常念のもう一つのお顔を拝見しました、かっこいい

DSCN3298.jpg
安曇野方面、安曇野から見る常念岳ほんとにかっこいいので憧れの町でもあります。

やりほ・・・ありがとうやりほ

まったりまったりと山岳トリップをしてるといい時間になってきました。

DSCN3307.jpg
遠く御獄山は噴煙を上げております、あそこはいつになったら解除されるんだろう

DSCN3309.jpg
遠く南アルプス方面は雲がもくもくあれは降ってる(

DSCN3308.jpg
日の沈むやりほ、神々しい・・・GWに感謝しつつヒュッテに戻ります。

夜ご飯を食べてお酒を煽り、床の間に、日本酒の蝶ヶ岳だったりビールだったり、布団はしっかり1枚使えたのぐっすり寝ることができました!

DSCN3313.jpg
翌朝、朝ごはんのしたく、朝はトーストに焼きベーコンチーズに、トマトスープ。冷やしてたから大丈夫・・・!なはず


DSCN3314.jpg
結構準備に時間掛かりつつ、終了、朝日、前に北アに来たときとは違い快晴・・・

DSCN3316.jpg
モルゲンロートに染まるやりほ・・・やりほしか言ってないな


DSCN3317.jpg
日が昇ると、くっきりと山の輪郭を映し出す、素晴らしき山用の数々、つながってますなぁ!

DSCN3321.jpg
さてさて、横尾に出ます、情念までの縦走路の間まで足を運びます!かっこいい!

DSCN3322.jpg
今回数少ない稜線歩き、ありがとうございました・・・!もう終わり!?

下りますが・・・!ずしゃー!また樹林帯!?いおいおいお!
同じ用に、ピンクテープを見ながら先に進みます・・・

朝の凍結で雪がガチガチ、これは・・・滑ったらどこまでも行きそう、樹林帯だけど痛いぞー


DSCN3324.jpg
ガリガリ下りて、なんちゃって槍見台・・・!

DSCN3323.jpg
やりみえる!確かにピンポイントですね!
さらに下ります、登りの人はなし。

DSCN3325.jpg
という訳で樹林の下りを超えて横尾、だれもいなし・・・

DSCN3330.jpg
鳩ならいたが、お前いつもいるんだな。
横尾の橋を超えて、先まで行きますが、今回はちょっと時間が押してるので行けるとことまで橋を超えてスタート。

DSCN3337.jpg
去年夏とはルートが・・・!あれれ見覚えがないですね、しかも斜面は雪崩の跡と思われる木屑だらけ・・・!怖い!

DSCN3332.jpg
夏道をなぞり、屏風岩・・・下に着く雪がまたすばらしい!

DSCN3334.jpg
橋があったであろう辺りから完全に覆われた沢・・・登りがなかなかハードです、雪が沈むのもありますが、下りでビクビクしてた筋肉と照りつける太陽が・・・!というわけで

DSCN3333.jpg
ここが今回の撤退ポイント、これ以上進むと支障をきたしそうだったので・・・バスの時間4時だったらなんとかなぁ^^;

DSCN3338.jpg
といい下山をはじめるも下山はあっというま意外と斜度があっ多分ザクザク降りられました横尾・・・
今回は蝶ヶ岳で満足してしまいましたね、次回は涸沢を目的にしっかりテントで行ってみたいです。

3時間かけて上高地まで戻ります、長い・・・ここは帰りは死体に鞭打ちだと思います

徳澤園はオープン前でソフトクリームがやってました、うまい・・・うますぎる、疲れた体に染みますね・・・!
そこからさらに2時間で上高地に到着、朝よりは全然人がいるも、まだまだ少ないイメージでした・・・

遅いお昼の信州みそラーメンを食べて上高地BTへ

DSCN3343.jpg
ありがとう上高地・・・!また来るよ、しかし上高地アクセスできる山っていがいと限られてるので穂高メインになってしまうんですよね。


ここで帰りに買った信州上高地ビールの緑のデザインのビールが・・・くさっぽいあじでした(
快適な高速バスで日野まで・・・高井戸渋滞に巻き込まれないので帰りはもう日野までにしてます、新宿よりもおうちまで近いですし!

という訳で帰っておねんねして今回の山行は終了です。

----総評-----

始まった黄金週間、しかも天気は全面的な晴れ・・・こんなご褒美・・仕事頑張った甲斐あったよぉ
前半、少し早いGW・・・!長野遠征ですが、最近は長野ばかりでもう住んじゃえよ状態ですね。

今回蝶ヶ岳を選んだのは上高地からのアクセス、やれると思った、涸沢2dayですが、帰りの道が中々辛く敗退でした。
しかし常念からセットでやられる事のおおい蝶ですが、常念の景色とそんなにすごく変わるわけではないので蝶の印象が崩れてしまいがちですよね、今回この残雪期でやれてよかったと思ってます。

それにしても残雪期とは思えないなくらい人が少ない上高地、開山前は意外と狙い目なんですかね?
次回はGW企画第二回立山編になります
すぃーゆぅーあげいん!

----------------------------------------

カトレア 笑顔
「すごい・・・感動して涙が出てきちゃった・・・!」

魎子 デフォ
「カトレアは北アルプス始めてだもんね、連れてこれてよかったよ」

カトレア どや
「こんなパノラマ・・・本でしか見たことない景色!」

魎子 じとめ考える
「あれが奥穂、北穂で槍・・・三股蓮華でこっちが常念でその後ろが大天井であれ?なんだっけ」

カトレア 笑顔
「あの槍に沿って鷲羽、水晶、ギリギリ赤牛みえるかな、どちらも七滝ダムだったり北鎌だったり大変だよね」

魎子 ?O口
「えっ・・・!???始めてだよね?」

カトレア 赤面
「始めてだけど」

魎子 流し目にこり
「しっかり勉強してる、えらいこ!!!???」

漫画



テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。