スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念の骨折と自力下山の「蓼科山」

あぁ、ご無沙汰してます、ブログ管理人みんみんです、この度はタイトル通り骨折してしまいました。

いつも冷静沈着なみんみんさんでしたがはっちゃけ過ぎて招いた事象でした・・・うーむ大反省
くるぶしの所と内踝の所、両方亀裂骨折です、足首の骨が腓骨と脛骨のした部分にぶつかってできたみたいです。
日記ないでも出てきますが、尻セード時の足をしっかりあげるを忘れてましたね、それと結構急だったかもしれません。

一ヶ月でギブスが外れるらしいです、リハビリして1ヶ月半、完全に治るのは半年らしいですが、6月前には登山に復帰できそうですが、いままで以上に状況判断としっかりした知識を持って登山に励みたいですね。
なんとも悲しい雪山シーズン最後の登山になってしまった

蓼科山
DSCN12821.jpg


多忙期を終え、平穏を取り戻し、三週連続山行最終にして雪山収めとなった蓼科山。
せっかく多忙期を終えたということで久しぶりのお泊り山行き!

山登って・・・温泉入って、美味しい料理とお酒ー・・・うーんたまらんですなー!☆☆☆

始発からひとつ後の電車で出発、天気も良さそうでなにより、二転三転した天気予報と毎日にらめっこしてました。
にらめっこの末、快晴の土曜日を獲得!いやっほぅですわ!
DSCN1240.jpg

友人の車で中央道へ、さすがに渋滞はありません、これからはどんどん増えるだろうなー桜きれいだなー
そしてすごいすごい快晴なんども中央道は乗りましたが、ここまで快晴は初めてかもしれません。
DSCN1242.jpg

ああー素晴らしい天気と山に乾杯!ということでここからはビーナスラインへ。
今回もスキー組と山組に分かれます。

宿で割引のリフト券をもらい。女神茶屋まで送ってもらいました。
下山時間に合わせてピックアップしてもらう感じで。

駐車場にはそこそこ車が止まってました、まぁ9時ですし、しゃーないです。
靴を履いたり、ゲイターしたり準備運動したりと準備完了・・・!
DSCN1243.jpg


スキーへ向かう友人を見送り出発、最初は雪原っぽい所をしっかり踏み固められた雪を登ります!
きもちいんじゃー!
DSCN1245.jpg

コース的には急登→平坦→急登→平坦→急登を繰り返すアグレッシブコース。。
まぁ、今回は何も行きでは起きませんでしたが、最後はどう考えてもアイゼン必要でした。
ちょっと反省
DSCN1255.jpg

最初の急登り、ちょっとだけ岩が露出してたり、とアグレッシブに氷となっております、帰りはかなり溶けてましたが。


前のおじちゃんと交代交代に前に進みます、最初の棚を超えるとまた平坦な道が続きます。
こういうコースいいですね!最近はずっと登りの塔の岳とかそんなんばっかでしたし・・・
DSCN1247.jpg

雪の感触が気持ちいい、やはり雪山は最高っしょー!!
DSCN1254.jpg


というわけで第二の急登・・・ここもまた氷と雪のミックス(言いたいだけ
慎重にアイゼンを付けずに登ります(よくない
DSCN1266.jpg


きもちいいっしょー!そしてこの棚を超えると世界が広がり始めます、最後の前の棚となるわけですが。
頂上までが近くにデン!と見えます。
DSCN1259.jpg

で、デケェ・・・!

これ全部最後の急登になる、どきどきするしワクワクするしこえぇ!今年に入って一番の感情の高ぶり。
しかしなぜここでアイゼンを付けなかったのか悔やまれますなー何もなかったから良いものを・・・
DSCN1264.jpg


というわけで最終急登り、安全に、一歩一歩というにもなぜかちょっと早いらしく道を進められる・少しずつ進むのでーと言っても先にどうぞと、ぬひー
DSCN1269.jpg


どんどん開ける視界と道を探し、一歩一歩の安全を確かめる。
そして樹林帯も雪まみれ、木はまるでモンスターですね。
DSCN1270.jpg


残雪期・・・残雪期?
DSCN1272.jpg

登りきると一気に岩ばかりに、ちょっと前に出た瞬間、防風が吹き荒れます、前の人たちがゴーグル&手袋&防寒着の完全装備だった意味が分かりました。
DSCN1273.jpg


何も出せないし、出せる場所もなく、頬が冷たくてやばいなー唇も凍るわー!とか思いつつ短い岩場を登ります。
DSCN1274.jpg

そして全てが開けていきますー
DSCN1276.jpg

あー・・・
DSCN1280.jpg

やばい・・・
DSCN1278.jpg

最高っす・・・
DSCN1286.jpg

頂上辺の開けた場所に出た瞬間ただでさえすごかった風がやばいくらいに吹き付けます!
あーばばばば!
DSCN1282.jpg


頂上の標識と三角点を発見、写真を撮るも猛烈な寒さと風で即撤退。そそくさ・・・先にも何かあるけど。
DSCN1285.jpg

少し戻り風の影響を受けなくなる場所へ、ふーじさーんの上でおにぎり・・・
できるわけないだろうがぁあああ!樹林帯に戻りご飯にしようそうしよう。
で・・・   安全   と防寒対策にレインコートとアイゼンを装着、大丈夫だ、寒くない

やはり人間下りようにはできてないなーどうしてもぶれたりしてしまうわけで、そそくさと樹林帯に戻ります。
そしてここからが・・・登ってきた道はシリセードの後になってました。帰っていった人たちだろう!

とりあえず最初は入念に1歩ずつ降りていきます。
結構長かった最後の急登、少しずつ、急だからね!

なんぼか区切ってあったが、その全てはシリセードの後に!
これは・・・もしかしたらシリセードしたら楽なんじゃ!
おしりをぺったりすわって(本来は何か敷く
わっほーい!らくちんちんです!このまま平ゾーンまでいけるのかしら!?

滑る滑る、その途中、足が・・・ぐいっとズレて・・・

ペキポキっ!

あー・・・これ絶対だめなやつだ、うん、絶対にだめなやつだ・・・
止まって雪に転んだ時に脳裏に・・・遭難?
立ってみる、立てる、痛みは・・
・内側に動かすとズキッとくる、そして内側に足を動かすと
固定シテル感覚がなく、プラっとなる、痛い・・・痛いけど歩けないほどじゃない。

とりあえず友人には、ダメかもと話、ザックを持ってもらう、重いだろうが申し訳ない。
両手ストック、左足には負荷をかけずそえるだけ。

左足を動かすとぷらっとする気持ち悪い感触、最初は折れた骨の動く感触かと思ってました。
なんともハイネックの靴のおかげでそえることができてたようなもの。

ここからは下山時間も考慮しすこしづつですが確実に降りていきます。
集中しすぎて、なんかこう覚えてませんが、途中で左のアイゼンを外し、雪に引っかかるのを阻止しました。
のぼって来た急登が悪夢の用、さらに抜ける雪は地獄です。

途中でちょっと座って休憩しつつもタイムリミットであった、3時半には下ることに成功。
ー・・・時間確認してたら急がす降りててこんなことにはならなかったかもなーと。
ダブルザックの友人も疲労困憊で申し訳ない。
降りて、スキーの友人を待ちつつ、足を出してみると。かなり腫れてる、パンパンですよ。
そしてなぜかズボンも切れて穴空いてるし(



この方生涯、骨折という事を経験なかった分、もう頭が回らないですね。
友人がスキーから戻って来て。

宿に連絡して、すぐに救急でやってる病院を紹介してもらい直行。
一応、病院にもアポはとってます、結構テンパります。

病院でいろいろ手続きし、レントゲンを撮って、診察室へ。
「骨には異常はなさそうですが、外科医じゃないのでよくわかりません、腫れてるので何かあるでしょう」
「!?」
ということで、シーネ固定し、後日地元の病院にかかってくれと言われました。

とりあえず宿に戻り、ご飯です、前回同様鴨鍋ですー!おいしーうふふ!
わーい!日本酒!あかり日本酒だいすきー!
(後日知った話では骨折中はアルコールNGらしい、只今禁酒中)

お、ふ・・・ろ?はいれませんすいませんはいれません(
あー何のために泊まりにきたとー!がくし・・・

友人達には多大なご迷惑をかけてしまいましたなー申し訳ない。


という訳で、一泊しお家に帰ったわけですが、正直ストックで帰るのはなかなかしんどかった(コナミ感


総評
登山を初めて役1年大失態の登山となってしまいましたな。
ふつーに降りてれば安全だったと思われますが、テンションが上がりすぎて。

危険察知をできませんでした、最初にだいぶアイゼン引っかかるなーとは思ってたので
その段階で気づくべきできでした。

うーむ不覚不覚、とりあえず今は療養して早期復帰できるようにしなければいけませんね。
今回の傷(でかい)を戒めにもっと安全登山を意識しなけれななりませんな・・・
うーん、片足生活は一人だと結構大変です・・・

_______________
魎子 デフォ
魎子「おお!これは!シリセード跡!」

シャロ デフォ
シャロ「そうですね、雪山の下山方法のひとつです」

魎子 にこぉ
魎子「さっそくやってみようよ!何事も体験が大事」

シャロ チョいこま
シャロ「んー・・・まぁいいでしょう」

魎子 強気デフォ
魎子「お尻をついて、わっしょー!たのしー」

シャロ 困り
シャロ「ちょっと待ちなさいな!」

魎子 にこぉ
魎子「わーいっ!」

ペキポキ

魎子 デフォ
魎子(えっ?今の音って・・・)

魎子 いやそう
魎子(いっつ・・・なにこれ!いたっ・・・)

魎子 いやそう
魎子(おれ・・・てる?)

シャロ「大丈夫ですか?どうかしました?」
シャロ デフォ

魎子 にこり困り
魎子「だ・・・だめかも・・・足が、ぷらぷらする」

シャロ えー
シャロ「ばっ!大丈夫?歩けるの?救助呼ぶ?」

魎子 いやそう
魎子「歩けるから・・・」

シャロ 困り
シャロ(なんとなく危なっかしいと思ってたけど・・・アチャー・・・)

魎子 普通口
魎子「ごめんね、私のせいで」

シャロ ムー
シャロ「謝らなくていいから、歩けるならゆっくり・・・これは遭難ですよ」

蓼科漫画

スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

登場人物ピックアップ☆「カトレア」

「魔女はいつもわるものだけど、たまにはいいことしたっていいじゃない?」
加藤 玲亜

カトレア
_______________________

子供の頃はよく、寝ないと魔女が来るとか魔女に食べられるとか言われていたけど魔女の一握りではないのだろうか?
人間も悪いのは一握りだが、ニュースなどでピックアップされるのは悪い人ばかり、人間以外の種族がそれを見たら
確実に非難轟々だろう、私が言いたいのは夢を描ける、お菓子の家を作れる、たまーにちょっとびっくりさせる。
そんな魔女がいてもなんらおかしいことはないってこと

カトレアはクローバーの国の見習い魔女2年生、まだまだ見習いだががんばってOZ魔法学園に通ってます、クローバーの国は国自体が大きな学校で魔女の為の国。
雲の上にある王国で移動式、そんな彼女が魎子に始めて出会いいたずらをしょっぴかれてから、また少し路線が変わったみたい、魔女の世界の黒いうわさ、世界を染めるインク、魎子と対峙する大きな闇と一緒に戦うことになる。
カトレア

____________________________
また上は別の話


魎子の友達のカトレアさん、童話の世界では見習い魔女ですが、現世では普通に女子高生、今は一人暮らし中。
いきなり山を始めて、戸惑っていたがいつも魎子といろいろしてきたので順応も早く、今ではハイスクール組の
一人として、参加中!貴重な車持ちでお金持ちなだけはあります
魎子と高校は違い、隣町の「カナリア女子学園」に通ってます、赤のブレザーと黒のシャツがポイントで結構人気がある。
20140224らくがき

「おしとやか趣味×××」
 ちょっと雰囲気静かなカトレアさん、ちなみに加藤 玲亜が本名ですが。
 そんな彼女の趣味はイラスト、漫画などの同人活動、そこそこ人気でイベントでは売り切るくらいではある。
 最近は百合ジャンルで活動中で金髪の女の子と縦ロールの女の子のラブストーリーを書いている(どこかでみたことあ るような)
9073223_1714697541_106large.jpg

「一押しカラー」
 カトレアの推しカラーは赤と白、彼女の本領発揮は秋になります。
 後は夏あたりだと、黄色をこのみ一押しの黄色のワンピースだが、魎子と並ぶと白いワンピースの魎子と並ぶと悲しく なるので一人の時しか着ないのですが。
 ふわふわすぎず、ざっくばらん過ぎず、かわいいを押す感じです。
アリどろ

「二人の子供を抱えてるの!?」
 現世ではアリスとドロシーと一緒に暮らしています、どちらも英国から一緒に来た子で、お金自体は問題ないですが、 高校生+二児の母として、いろいろがんばってます。
わたしだっふる

  「好きなものは?」
    好きな飲み物:メロン絡みの清涼飲料とかメロンミルク、メロンが好き
    好きな食べ物:メロン、後はクリーム系のアイス
    好きな色:赤~白、黒も嫌いじゃないです。
    好きな場所:童話の世界、ヨーロッパ系の古都
    嫌いな食べ物:ホヤが苦手(トラウマ


   「その他個人情報」
     年齢:18
     誕生日:4月6日 
     身長:149cm
     バスト:B~Cカップ
     B:78
     W:54
     H:79
     得意料理:シチュー
     趣味:同人活動
     ________________    

     カテゴリー:クローバーの国
     契約悪魔:ヴァサゴ
     役職:OZ魔法学園2年生(VSWレベル3)
     武器:ショートプリズム(短杖
    

テーマ : 制作日記 - ジャンル : 趣味・実用

初めて見る雪庇祭りの「赤城山」

すっかり春本番、Tシャツに軽いパーカーでも全然寒くなくなりました!(油断すると腹崩壊
桜が咲き乱れ、ぽかぽか陽気でいろんな人が出てきますよね!(

山にもいろいろな変化が見られます、低山では雪解けで普通の山に戻り、高山では全層雪崩等・・・
そして、虫と熊等の生物のあうぇーきんぐ!

どれもやっかいな存在ですね!冬はその分快適だったような・・・
そして、そろそろ雪山とはお別れを含め、がっつりぐんまーの山へ。

最近大人気のゲームでよく聞く名前の山(私はやってませんが
DSCN1218改

赤城山」に行って来ました
まだまだ雪の世界を堪能したりないので、首都圏を抜けて上州へ。
DSCN1198.jpg

そしてここでは、先日購入した、重登山靴
ザンバラン:エキスパートプロと12本爪アイゼンを使います!
増税前にがっつり買い物させていただきました!しかし、ひとつ忘れていて、後で痛い目に・・・


朝7時、関越方面は友人が向かえにきてくれるので待機!してましたが、30分遅れて到着!
日が伸びて、この時間だと明るくて不安になりますねw

DSCN1196.jpg
7時台の関越は渋滞、所沢ICから嵐山辺りまでのろのろ運転、高速使う度に鈍足道路だと思わされてしまう。
あぁ・・・この季節からまたどんどん車増えだして、夏は帰りに痛い目に会うんだろうな。

ぐんまー方面に抜けると遠く、赤城山、妙義山、浅間山が見えてきます、これこれ!

板橋ICから降りて、山まではほぼ一本道なので楽といえば楽ですね!赤城山までの道のりは
どっかで見たこと歩きがする、ヘアピンといい、公道最速なんたらなあれで見たような・・・

DSCN1201.jpg

真っ白な湖は不思議な光景ですね。
DSCN1199.jpg

今回は黒檜山を先に登り、駒ケ岳を越えて降りてくるルートです、どちらにしても雪山初心者には最適ないい山
DSCN1202.jpg

登山口です、雪盛り!!
うっひょーこれこれ、この雪がほしかったんですよー!と言うことでここでアイゼンを装着、12本爪アイゼンの装着のしやすさに感動する。
DSCN1203.jpg

いきなり急登りですね・・・ストックを持っていない友人に2本ストックの片方を貸しいざ出発。

かなり上ります、高度稼ぎます、しっかりアイゼンも利いて、軽快、軽快!

・・・

ん?違和感がちょっとある、かかとがこすれるなぁーと思っていましたが。
あきらかに違和感、こすれる場所がどんどん痛くなっていきます。
うむむ、これは・・・どう見ても、靴ズレ
そういえば、あわせる時ダブル靴下であわせたっけ・・・と思いつつ我慢しつつ登ります。
DSCN1207.jpg

稜線にでました、ここから、雪が少し取れて、アイゼンが岩にガッチガチ音を立てながら歩いていきます、歩きづらい!
そして第一のせっぴ・・・まだまだ小さいですね、しかし切れ落ちてるので注意が必要ですね!

あわわーかかとの痛みがひどくなってくお・・・
DSCN1210.jpg

そして稜線までくればもうひとふんばり!ずっと急な登りが継続しますが、コースタイムとしては1時間とちょっとくらいなので、がんばれる。
DSCN1209.jpg

上りきると駒ケ岳との分岐の稜線に出ます、ここに出ると一気に視界が開けて空を飛んでるかのような爽快感!
DSCN1219.jpg

せっぴ第二段、そこそこ出っ張ってます!稜線上にあることでよくみるタイプ、視界が悪かったら確かに乗ってしまうかもしれませんね。
DSCN1212.jpg

少し歩くともう頂上!ちっちゃい標識がりますね!皆さんお昼を食べておられます。
、しかし少しその先にも展望台があります。
DSCN1214.jpg

こちらは谷川連邦も見渡せちゃいます!世界の広さを知る!そしてこの霞具合は写真じゃうまく取れないんですよね。
谷川はすごく大好きな山なので恋するように見つめてしまいます!

DSCN1208.jpg

頂上に戻り、軽食、パンのみで終わらせます、防水パンツではないので、この雪では座ったらぬれてしまいますね、融雪が進んでます!
DSCN1223 - コピー

きもちいいんじゃー
DSCN1225.jpg

軽食後、靴紐を一度閉めなおし、出発・・・靴紐の閉めが甘かったかも。
しっかりフィットした靴で歩くも、もう遅しですがくだりはつま先側に負荷がかかるのでそんなに痛くない模様。
DSCN1227.jpg

稜線を超えて、下に下ります、しかしこれがまた急斜面、結構本格的ですね・・・
足をセーブさせながら降ります。
DSCN1233.jpg

なだらかになるとこの風景、最高ですよねー
そしてせっぴ第三弾!一番それっぽい!かなり発達しています!とけろよとけろよー!


すごい道、雪山ですね!青空と雪山!これこそ雪山です!かかと痛いけどたのしー!
そして登り・・・かかとが・・・
DSCN1236.jpg

駒ケ岳!狭い!こちらは板橋側を一望できます、しかし、午後なのでくもくもしてきました。
DSCN1235.jpg

せまいのでそそくさ撤退。

DSCN1238.jpg

尚、稜線歩きは続きます、せっぴ第4弾・・・でかっ!

気をつけつつ、帰ります、ここまでくると、もうすぐです。
ぐにゃぐにゃとくだります、ただ、融雪が進んでいて、岩がむき出しのところがしばしば。

がつがちがちがちがちがち!歩きにくいー!下はプラスチック部分もあるしできるだけ雪の上がいい。

ゆるゆる下ると、駐車場のすぐ前に到着、かかとが痛い以外はいい山でしたね!

雪の季節も終わりに近づき寂しくなります。残雪期は残雪期で暖かく、動きやすい装備なのでいいです!
それぞれの面白さがあり、登山は奥が深いですな。

今日はお互い用があるので所沢でおろしてもらいましたーそのままおうちで整理整頓して、友人との飲みにいきました。
さくっといってさくっと帰る、本来の山のスタイルなのかもしれません
節約


総評

2週連続登山大会!赤城山!少ないコースタイムでがっつり雪山を楽しめる山、もし近ければいろいろ滑落防止訓練とかアイゼン歩行の練習とかにも使えそうなすばらしい山でした。
いろんな山があり、いろんな顔がありますね、しかし筑波山とは違い、年齢層はかなり高め、ぐんまーはそんなイメージ大きいです。

反対側にある、地蔵岳もヤマノススメの聖地なので言ってみたかったり。
上州三山は残り二つですが、妙義山はちょっと今のレベルでは怖いですね。
大鎖祭りらしいので…

それと反省点は靴紐がゆるかったことですね、おかげで両足かかとの皮が浮いてしまいました、破けてはいないのですぐに回復しそうですが、次回は靴がなれるまで、テーピングとダブルソックスで行きたいと思います。
かかとしっかりフィットしちくりー

__________________________

危険なよういん?

シャロ じとこ
シャロ「魎子!そっちはだめだよ!」ぐわし

魎子 ?O口
魎子「わわわ」

シャロ チョいこま
シャロ「そっちは雪庇だから、危険だよ」

魎子 普通口
魎子「雪庇?このはみ出してる雪?」

シャロ 困り
シャロ「雪が蓄積してできた落とし穴よ、ほら谷側に張り出してるでしょ?」

魎子 じとめ考える
魎子「ほんとだ!つまり乗っかると落っこちるってことかー」

シャロ デフォ
シャロ「冬の重大事故の滑落はこれがあるわ、特に視界が悪く吹雪だったら雪庇の上かも分からないだろうし」

魎子 いやそう
魎子「たしかに、こりゃ落ちたら一たまりもないね」

シャロ じとこ
シャロ「雪山は夏山異常に隠れた罠がたくさん存在するわ?特に雪崩、雪庇からの滑落は多いから…」

魎子 じとめにこり
魎子「うん…そうだね、でいつまでこうしてるの?近くない?」

シャロじとーにやり
シャロ「もうすこし…もう少し…ふふふ…」

魎子 強気目瞑り
魎子「離れようか」
1koma.jpg

続きを読む »

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

1000アクセスありがとうございました!

登山ブログを始めてもうすぐ・・でもないですが一年になります!ちょうど一年になったら2年目の背景とTOP絵(上の方にあるやつを用意しようと思います。

と言うわけでアクセスカウンターが1000を周りました!ありがとうございます!こういう報告はmixi以来ですね、以外と新鮮というか楽しみだったというか・・・

ブログ始めた当初はアクセスカウンターが毎日 0 0 0 0
だった時はさすがにちょっとやる意味あるのかなーとか思った時もありましたが。

最近は誰かしら来ていただけてるのか0の日がなくなりました!
皆様のおかげです!これからも本ブログをよろしくお願いします

登山とほぼ関係ないですが、記念絵です・・・ほら山にウサギ居るし(

1000akusesu.jpg

テーマ : 制作日記 - ジャンル : 趣味・実用

登場人物ピックアップ「シャルロッテ」

「私はクローバーの国の背負う盾、何人も王に触れさせる事はしないわ」

キャラクターピックアップ第二段、ブログでは案内人を務める、魎子の先生的な役割を果たします。
山岳創作「鷹の目の少女達」では山岳部~アルピニスト編まで考えてる壮大なストーリーです。
まぁブログでは裏設定をほのめかしつつ、魎子のつっこみ&百合担当です。
神崎シャルロッテ

「シャルロッテ」

_______________________

童話の世界ではクローバーの国、魔法使いの王国で国王であるオズのジェネラル・ガードナーを務める
6年生の戦闘型魔法使いの筆頭、そのスタイルは魔法使い?と思える奇抜なスタイルで、対策も取りにくく
幾多もの魔法少女達が敗れた。
クローバーの国では戦闘魔法大会である、「VSW(バーサスウィッチ)」では現在TOP。
太陽の力を利用したその戦闘スタイルは他の魔法を簡単にねじ伏せるだろう。

シャルロッテ

_______________________

上の話はまた別のお話である。
鷹の目のシャルロッテ

おしとやかに煌く、葱色(暴言)の髪の毛が美しい、おさげお嬢様。
聖マリベール学園の2二年生で山岳部。
緑と黒を貴重とした装備が特徴的である、鷹の目と呼ばれる金色の瞳を持ち
特有の危機回避能力と登攀能力を持ちます。
山の知識や道具に詳しく、いろいろ魎子に指南しています。


「HOWTOシャルロッテ」

ドイツの帰国子女、しかしすぐ日本に来たので言うほどドイツ語はしゃべれません。
同じジェネラルガードナーの魎子とは仕事の事でも愚痴でも馬が合うのでよく遊ぶ。
基本は単独が多かったが、ここ最近は魎子やカトレアと登る事が多くなったようだ。
一応、お金持ちの家計で、一人暮らし中でもなかなかリッチである。

「聖マリベールの生徒」

聖マリベールはお嬢様高校でもちろん女子校、しかし清楚で奥ゆかしいと思いきや校訓は
「白黒はっきりさせてこそ真の淑女である」
制服も白と黒を基調にしたデザインで二種類から入学時に選ぶことができる。
勝負事には結構うるさく、スポーツにも力を入れている。
山岳部もかなり盛んで、部長の清澄あざかは海外8000mを2箇所ほど登頂している。

「好きなものは?」

好きな食べ物:キャベツロール
好きな飲み物:メロンソーダ
好きな色:黒~緑
好きな場所:山
嫌いな食べ物:にんじん

「恋するお年頃?」
八ヶ岳2

高校二年生、恋する季節しかし女子高に放り込まれたシャロには男の子とに関係は無縁、そんなシャロの向かう道は
茨の百合ロード、男の子からではなく、女の子からも空かれる魎子はもちろんきゅんきゅんである。
カトレアと勝負しつつになりつつあるのが現状。

「その他の個人情報」

     年齢:17
     誕生日:2月21日 
     身長:153cm
     バスト:B・・・C?
     B:90
     W:58
     H:80
     得意料理:炒め物全般(山飯)
     趣味:読図と山

___________________________________

カテゴリー:クローバーの国
     契約悪魔:あんのうん
     役職:ジェネラルガードナー
     武器:ソレイユ・レゾンデートル
       :VSWレベル7

テーマ : 制作日記 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。